すっぴんで銀ぶら。

宝石鑑定士(俗称)だけど普通の会社員。
産業カウンセラー試験に合格!心理相談員にもなった!
国家資格となったキャリアコンサルタントにも合格!
頻度は減ったけど、旅人。
お茶やお華も嗜むけど(ホホホ)バイクも好き。
都会暮らしも、10年ちょっと。
そんな私のROCKでLOHASな日常生活を綴った日記っぽいものです。

***姉妹ブログ更新情報***
☆右下のリンクからどうぞ!☆
すっぴんで銀ぶら。〜Jewelry Box〜  2019/9/14更新!
すっぴんで銀ぶら。〜偏見グルメ〜   2019/9/26更新!
カウンセリング花笑み          2019/10/13更新!
マルク・シャガール ── 夢を綴る

ポーラ銀座ビル10周年記念展

マルク・シャガール

── 夢を綴る

 

2019年10月4日(金)〜11月4日(月・祝)

11:00〜20:00

POLA MUSEUM ANNEXにて

 

5周年はFOUJITAで、10周年はシャガール!

こんな大物の展覧会で、珍しく(FOUJITA以来かも)警備員までいたのに、空いていた。空いてはいたが、人が途切れることはなかった。

 

『ダフニスとクロエ』という物語の挿絵として制作された一連のリトグラフに見覚えがあった。

シャガールは色々なところで観てきたが、どこだろう。

目黒区美術館だった(→こちら)。やっぱり観ていた。

 

ゆっくり観られて癒しの時間を満喫。無料だなんて有難い。

この規模だと疲れないから、仕事帰りにもちょうど良い。

今回は会期が1か月と短いが、また近くを通りかかったら行きたい。

| のぞみ | 美術・芸術 | 19:22 | comments(0) | - | -
ぐぅ・・・

また外れた……。

昨年の沖仁が当たったから良しとしなければならないのかもしれないけど、あの時、私は喘息で大変だった。1曲目が終わった瞬間に咳が止まらなくなり、次の2〜3曲はロビーで聴いたのだ……。

 

なのに、上妻宏光でのリベンジができないとは。無念。

次の関連文化講演会は当たらないかな〜。

| のぞみ | 美術・芸術 | 20:02 | comments(0) | - | -
落選

関連文化講演会、初めて外れた〜。

 

聞きに行くと当該美術展のチケットを貰えるので、もう行く気満々だったのだが……さすが西洋美術館の松方コレクション。

 

昨日は参院選で当落悲喜こもごもだろうが、私はこの落選が悲しい……。

| のぞみ | 美術・芸術 | 20:00 | comments(0) | - | -
台所見聞録−人と暮らしの万華鏡−

台所見聞録−人と暮らしの万華鏡−

 

2019年6月6日(木)〜8月24日(土)

休館日:水曜日、8/10-15

LIXILギャラリーにて

 

メルマガで知って、見たいと思っていたもの。

ちょうど京橋方面を回って買い物に行ったので、寄ってみた。

 

北緯40°を境にして、南北で火と水の使い方が違うのだそうだ。まあそうか、暑いと火を遠ざけ水を使い、寒いと火で暖を取って水は極力使わない、と。

 

各地の家の様子が模型になっていたのが興味深い。

ネパールだったかな、4階建ぐらいの家の最上階に台所がある。とても神聖なので、その家の人しか台所には入れないのだとか。

 

中でも、一番気に入ったのがこれ。

 

イヌイットの住居の裏に、鮭(鱒?)がずらりと干してあったり、アザラシを解体しているところだったり。

アザラシの開きは初めて見たぞ。

 

ロシアは、ペチカ(雪の降る夜は楽しいペチカ♪)で隣の家の寝室まで暖まる。お互い暖め合っているのだろうけれど、なんだか良いね。

 

ギャラリー2では「more than Reason  隈研吾+山口一郎(NF/サカナクション)+森永邦彦(ANREALAGE)展」というのが開催されていて、隈さんとサカナクションと!?と思ったけれど、入口で"このQRコードを読み込んでどーのこーの”と書いてある時点で、じゃあいいやと思って、ちらりと覗いただけで出てきた。中は暗かったし。

 

八重洲方面に向かうと、以前働いていた場所がすっかり工事現場になっていた(写真の奥の方)。

 

隣の小学校も取り壊して複合ビルを建てて、小学校もそこに収めるんだよね。地下はバスターミナルになる予定だとか。

 

で、私が勤務していた会社は、新しいビルが出来ても賃料が上がってしまって払えないということもあり、業績不振ということもあり、神奈川県田舎に移転してしまった。実家からでも軽く1時間はかかりそうな、陸の孤島である。行けませ〜ん。

 

それより、気になるのは旧ブリヂストン美術館である。

中央通りではなく、横(写真は八重洲通りと反対側)から入るのかな。2Fにミュージアムショップらしい。

で、名前は何だっけ……アーティゾン美術館か。開館までに慣れるかしら。

カフェもまた出来るよね?落ち着いてて好きだったなぁ。

| のぞみ | 美術・芸術 | 15:17 | comments(0) | - | -
三人の会

三人の会

 

2019年6月29日(土)

12:20開場/13:00開演/17:50終演

GINZA SIX地下3階 観世能楽堂にて

 

今回は、行きつけの呉服屋の店員ちゃんの先生(谷本健吾氏)出演ということで取ってもらったもの。

 

私の同伴者はお能初体験の、中学からの友人2人。この頃は4人で仲が良かったのだが、1人は興味ありつつもどうしても都合がつかず、涙を飲んだ。

 

仕舞  小袖曽我  谷本康介 谷本悠太朗

能   求塚    谷本健吾 坂口貴信 安藤貴康

 −20分休憩−

狂言  昆布売   野村萬斎 野村裕基

一調  笠之段   坂口貴信 亀井忠雄

仕舞  白楽天   観世銕之丞

    井筒    梅若紀彰

 −10分休憩−

能   融 舞返   川口晃平

 

初めて、全部覚醒していた。

始めのお能は2時間もあったことに驚いた。それだけ惹き込まれていた。

 

お能マニアの店員ちゃんと、前回のお能の時に地獄の話をして、二人してそれぞれ地獄の勉強をしておいたのが役立った。

 

今回は、二人の男性に言い寄られた女性が、あの鴛鴦を射た方と付き合いますと言ったら二人とも当ててしまい、決着しないわ無実の鴛鴦を殺してしまったわで苦しんで入水して、その女性を塚に埋めたらそれを聞きつけた男性が差し違えたという因縁の塚が舞台なので、当然女性は地獄に堕ちている。

鴛鴦なんて鉄鳥となって頭をつついているんだよ。

でも、二人から言い寄られただけで罪というのは、八方美人な振る舞いをしていたならともかく、そうでもなければちょっとお気の毒な気もする。

 

で、狂言でクスッ。

また野村萬斎親子だったが、親子出演は珍しいと聞いた。ラッキーな2回目。

萬斎さんは忙しく、4年前からブッキングしないと無理らしい。

 

「亀井忠雄先生がノリノリだと、『求塚』と次の一調で衣装チェンジがあるかもしれません」

と聞いていたのでそれもチェック。変わった!

 

人間国宝で、能楽師と歌舞伎囃子方の一家。次男の田中傳左衛門さんは近くに住んでいるらしく、よく見かける。

 

最後の『融』は栄えていた頃を懐かしむという感じで、今はいない人が出てきて語るという意味では最初のと構成は似ている。歌舞伎だったらすっぽんから出入りするから消えるのも簡単だけど、お能はどうしても橋掛かりを帰るしかないよね。

| のぞみ | 美術・芸術 | 17:50 | comments(0) | - | -
LIXILギャラリー

LIXILギャラリー

 

特別展「宮内省御用達 川島織物と明治宮殿

2019年4月20日(土)〜6月25日(火)

 

今日の狙いはこれ。ギャラリー2。

ちょうど川島織物の博物館の館長さんがいらしていたようで、スタッフに説明しているのが漏れ聞こえてきて思わず耳をダンボにしてしまった。

 

宮殿に収めたものだと同じものを作っているわけではないし、明治宮殿は消失してしまったので、残っているのは宮殿の写真と、原画と試織のみ。

どれだけ絢爛だったかと思うと、非常に残念。

 

宮内省御用達の国内第一号だそう。

川島織物セルコンといえば、歌舞伎座の緞帳。龍村美術織物と並んで、このサイズのものを織れる機械は日本にそうそうないと聞いた。

 

せっかくなので、他のギャラリーも観た。

 

ギャラリー1

吉田謙吉と12坪の家−劇的空間の秘密−

2019年3月7日(木)〜5月25日(土)

 

ギャラリー3

特別展 西中千人−呼継−

2019年4月4日(木)〜4月23日(火)

 

世の中は金継が流行っているが、呼継はガラスの器を一旦壊して、他のガラスで溶着したもの、と思えば良いのかな。

この方、薬学部出身なのが面白い。

| のぞみ | 美術・芸術 | 10:55 | comments(0) | - | -
三井家のおひなさま

三井家のおひなさま

特別展示 人間国宝・平田郷陽の市松人形

 

2019年2月9日(土)〜4月7日(日)

10:00〜17:00

三井記念美術館にて

 

頂いたチケットがあり、喘息のクリニックが早く終わったら行こうと決めていたら、とても空いていたのでウキウキと向かった。

 

いきなりおひなさまがド〜ン!かと思ったら、序盤はお茶道具だった。

茶箱の一式なんて見事だったな。

 

大きな展示室がおひなさま。

誰のおひなさまか、ということで符牒を付けてあったそうで、その符牒ごとにグループ分けした展示だった。

さすが、箱に名前なんて書かないのね!

 

お人形もさることながら、お道具類が精巧で凄い。

普通は段飾りにするものが、横に並べて展示されていると、なかなか近寄って見られない表情や技巧の細かさがわかった。

 

見る人形だけでなく、遊ぶ人形も後半に展示されていた。

いわゆる着せ替え人形だが、人形の着物を作るのが、針仕事の練習だったわけだ。しかも、楽しく。

 

いや私の世代だってもう、買ってもらった人形に買ってもらった服を着せてたけど、遊び方が変わったことで、身につけるべき技術が抜け落ちていくのは勿体ないなぁ。私は別の動機で手芸に興味を持って、小学生でスカートを縫ってたけど…。

 

人間国宝の人形も展示されていた。三折人形とあったが、服を着ていないものが一体あってわかった。腿の付け根、膝、足首が折れるので、座れるのだ。

座った市川團十郎人形もあった。九代目って劇聖だったっけ…?

| のぞみ | 美術・芸術 | 12:07 | comments(0) | - | -
京都大原の庭とキッチンから
ベニシアさんの手づくり暮らし展

京都大原の庭とキッチンから

ベニシアさんの手づくり暮らし展

 

2019年2月28日(木)〜3月11日(月)

10:00〜20:00(最終日は〜17:00)

 

Eテレで放映されているんだね。テレビは無いものの、どこかで映像は観たことがある気がする。

 

会場を見ていて、デジャヴ?と思ったら、ターシャ・テューダー展かな。

不要なものをそぎ落として、手作りや手仕事を大事にすると、似たような雰囲気になるのかもしれない。

 

会場はガーデンの再現コーナーのみ撮影可。

こういう展示には、ショップに手仕事系のこだわりグッズが溢れて危険。使うあてもないのに、竹カゴなど欲しくなってしまう。

 

吟味の結果、輪っかになったガーゼの布巾を買う。ピンクは近々会う人にプレゼント、グリーンは自分で使おう。

 

明日で終わりと気づいて慌てて行った。本当は、その後で御徒町へ行って、東日本橋のSTAND仲間のポップアップショップに行って、せっかく東日本橋なら気になっていたパン屋にも行って……と思っていたのだけれど、ここのところ病院とガス給湯器で週末が潰れている。

| のぞみ | 美術・芸術 | 11:51 | comments(0) | - | -
六本木クロッシング2019展:つないでみる

六本木クロッシング2019展:つないでみる

ROPPONGI CROSSING 2019: CONNEXIONS

 

2019年2月9日(土)〜5月26日(日)

10:00〜22:00(火曜日は〜17:00)

森美術館にて

 

3年に一度、定点観測的に現代アートの展示を行っていたそうだけど、観たことはあったかな……記憶なし。今回は15周年記念ということもあり、初めて内部のキュレーター3名のみで(通常は内部1名、外部数名)キュレーションしたそう。

 

飯川雄大

《デコレータークラブ―ピンクの猫の小林さん―》

 

可愛いので写真を撮ろうとしても、全景は入らないという作品。

ちょっと、何でも写真、インスタ映え狙いへの皮肉もこめられているのか。

 

それにしてもインパクトあるなぁ。

 

これは……何だっけ。

 

何か"繋がり"みたいなキーワードだったと思うが、線香花火の最後の火の玉みたいなものに癒された空間。

(受け取り方は人それぞれでいいんだよね?ねっ?)

 

《景体》のためのドローイング

 

波が押し寄せてくるような作品。

これを観て、『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』を思い出した人〜?

 

ほらあの時、あわや処刑かというシーン。

ニュートが"Jump! I will catch you!"って。

 

竹川宣彰

《猫オリンピック:開会式》

 

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに沸く日本。

猫の世界もこんな感じなのかな〜。

 

現代アートはやがて「現代」アートではなくなってしまうわけで、3年に一度の定点観測というのも良いかもね。

| のぞみ | 美術・芸術 | 19:49 | comments(0) | - | -
6月の予定

6月の予定が入った。またGINZA SIXの観世能楽堂へGo!である。

 

金曜日に友人が聞いてメールをくれたのだが、何せその日は深夜残業。

翌日にお店に行ったら「昨日、〇〇さんに話したんですけどね」と詳細が聞けた。

 

また狂言が野村萬斎親子で、私の12月の話を聞いて友人は興味津々だったので、是非行きたいと即決。

もう一人、着物を着る共通の友人がいるので、彼女も誘ってみることに。

 

単衣の時期ながら、もう暑いので夏物でも良い頃。着物は季節先取りが粋だしね。でも、夏物は持っていないので、先輩の結婚式に着ただけの単衣にする!

| のぞみ | 美術・芸術 | 21:47 | comments(0) | - | -
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ブックオフオンライン


DHCオンラインショップ
ベルメゾンネット

懸賞・小遣い ちょびリッチ
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム