すっぴんで銀ぶら。

宝石鑑定士(俗称)だけど普通の会社員。
産業カウンセラー試験に合格!心理相談員にもなった!
国家資格となったキャリアコンサルタントにも合格!
頻度は減ったけど、旅人。
お茶やお華も嗜むけど(ホホホ)バイクも好き。
都会暮らしも、10年ちょっと。
そんな私のROCKでLOHASな日常生活を綴った日記っぽいものです。

***姉妹ブログ更新情報***
☆右下のリンクからどうぞ!☆
すっぴんで銀ぶら。〜Jewelry Box〜  2019/9/14更新!
すっぴんで銀ぶら。〜偏見グルメ〜   2019/9/26更新!
カウンセリング花笑み          2019/10/13更新!
世界は食でつながっている

世界は食でつながっている

You and I Eat the Same

 

MAD

編集:クリス・イン

序文:レネ・レゼピ

訳:中村 佐千江

 

KADOKAWA(2019/3)

 

これもMetro min.のTASTING BOOKSという食に関する本のコーナーで知り、その後J-WAVEの金曜ZAPPAでも紹介されていて、やはり読まなくてはと思った。ちなみにZAPPAは毎朝5時から放送しているが、金曜日はアートや本の話題が合うので聴いている。

 

世界的に有名なレストラン「ノーマ」のシェフ兼共同経営者のレネ・レゼピが立ち上げた料理コミュニティMAD(デンマーク語で食べ物の意)によるもの。

 

原題はYou and I Eat the Same、確かに「平たいパンで肉を巻く」や「木の葉で材料を包んで料理する」のように、どのような地域にも見られる人間の行動からすると、同じようなものを食べてきたのだろうと思う。行く先々でその土地の料理と化すものもある。

 

一話ごとに書いている人も違い、取り上げ方も様々。

料理で事業を立ち上げたい人向けの支援システムで取り上げられていた女性は3人、それぞれ歴史があり、そこに辿りついていた。食材や料理の話もさることながら、やはり「人」に注目してしまうのはカウンセラーあるあるか?

 

日本料理は世界でこんな風に見られているのだな、と思うこともしばしば。以前から存在していたのに、注目され値段が高くなって初めて市民権を得るというのは、少し寂しい一面もある。

 

最後に、スターバックスでトレーサビリティの仕事をしている、ルワンダ・ツチ族の青年の話が出てくる。ルワンダからウガンダやケニアに逃れ、やっとルワンダに戻ったその時が、あの大統領機が撃墜された時だ。あぁ……戻っちゃいかん。映画『ホテル・ルワンダ』や、映画でドン・チードルが演じたホテルマンが書いた『ホテル・ルワンダの男』に出てくる、ジェノサイドが起こる発端の一つだ。

 

彼は”ここに一緒にいるのが願いではない。ここを離れてどうか安全でいて”という母の説得でアメリカに渡り、コーヒーでルワンダをなんとかできないか、とまた戻ってくる。でも、農業に携わるのは主に対立するフツ族、また難しい種族の問題が勃発する。

最後に重い話がきたが、ルワンダを語る上でジェノサイドは避けて通れないので、ぜひ上記の映画や本の知識は持ちたいところだ。

 

Metro min.は6月号に掲載されていたのに、結構時間がかかってしまった。それは、この本が大きいから。

私は単行本は平気で持ち歩くが、その倍ぐらいある。毎晩寝る時にベッドの上で、肩にマッサージ機をかけながら膝に乗せて読むのが日課になったが、寝落ちすることもしばしば……ようやく読み終えたので、達成感も大きい。

| のぞみ | | 20:48 | comments(0) | - | -
あるかしら書店

あるかしら書店 

 

ヨシタケ シンスケ

ポプラ社(2017/6)

 

何で知ったのか忘れてしまったが、可愛いしアイディア豊富で思わずニッコリしてしまう。

 

こんな絵本を読んだよ、と言ったのを聞いた人が「やだ、読みたい!」とメモしていた。

 

あるかしら書店の店主に「こんな本はあるかしら」と聞くと、「ありますよ」と何冊か出てくるのは、あのドラマ・映画に出てきたマスターのようだ(何を言っても「あるよ」って出すあの強面のマスターね)。この本の店主は、丸っこいおじちゃん。

 

私は、読書サポートロボ「ヨムロボくん」が欲しい。

うるさい場所では耳をふさいでくれるし、励ましてくれるし、寝たら起こしてくれるし、暗い所で読んでいたら叱ってくれるし、感想も聞いてくれる。

 

きっと、読みやすいようにページを押さえたり、いいところでページをめくってくれたりしてくれるんじゃないかな。え?有料オプション?

| のぞみ | | 20:13 | comments(0) | - | -
鯨を生きる−鯨人の個人史・鯨食の同時代史

鯨を生きる

鯨人の個人史・鯨食の同時代史

 

赤嶺 淳

吉川弘文館(2017/2)

 

鯨は、給食で竜田揚げが出たことはあったが「鯨も食べられるんだよ」という食育の一環だったのかと思っている。

捕鯨禁止になってからは一切食べておらず、国民一人当たりの摂取量が33gと言われれば、食べた人の分を国民全体で割ったらそんなものかもね、と思う。ただ、私は関東なので、関西での鯨文化を知らなかった。

 

東京メトロで毎月20日にラックに置かれるMetro min.の中にTASTING BOOKS FOR EATINGというコーナーがあり、ここで紹介される食に関する本を読むのが好き。この本は、2019年9月号(8/20発行)に載っていた。

 

捕鯨に従事してきた3人、鯨肉の販売や製造に携わってきた3人の個人史と、捕鯨と鯨食の解説・考察で構成されている。

 

13〜15万頭(!)の鯨を解剖してきた人、捕鯨の花形・砲手、大工。大工!?そう、鯨は脂が多くて滑るので、作業をする人は滑らないようにした履物(スパイクみたいな?)を履く。そうすると床板が傷むので、修理する人が必要なのだ。母船一隻に、家10軒分の木材を積んでいたそうだ。

 

大洋ホエールズ(そうか、鯨か…)の給料は、シロナガスクジラ2頭で賄えるという噂があったらしい。それだけ捕鯨は儲かっていたんだね。

 

昨年の暮れ、IWC(国際捕鯨委員会)から脱退すると聞いて驚いたが、膠着状態ではあったようなので仕方なかったのかな。ただ、商業捕鯨を再開すると聞いても──電車の中のニュースビジョンでたまたま水揚げの写真も見たが──元々食べないのでピンとこなかった。

 

大型の動物や魚が食べるものを考えると、ある程度頭数のコントロールをした方が良いとも聞いたことがある。可哀想!と感情的になるのではなく、そういうデータも勘案して欲しかったな。

 

この本を読み始めてからスーパーの魚売場で、鯨ベーコンを見つけた。

表示を見ると、ナガスクジラとミンククジラだった。

肉のベーコンと同様、亜硝酸塩が使われていたので買わなかったが、ちょっと食べてみたかった。薄くスライスされて真空パック詰めされたそれは、白くて縁が赤っぽかった。

| のぞみ | | 21:27 | comments(0) | - | -
街灯りとしての本屋11書店に聞く、お店のはじめ方・ つづけ方

街灯りとしての本屋

11書店に聞く、お店のはじめ方・ つづけ方

 

田中佳祐(著)竹田信弥(構成)

雷鳥社(2019/7)

 

割と出たばかりの本なんだ。

東京と近郊を中心に個性的な11書店が、お店を始めたきっかけや特徴、こだわりなどが載っている。

 

お母さんが本を選んでいる間、お店の人が赤ちゃんを抱っこしてあやしてくれるなんてほのぼのして良い。その子が少し大きくなったら一緒に絵本を選べるし、街と子供と一緒に育っていくような感じもいいね。

 

そんな、個性的で地域に溶け込んでいる書店は近所にあるかな。

銀座だと森岡書店かな。ちょっと個性的過ぎるかな。

 

本屋の本、という感じで面白かったのだが、色合いがどうも……いや、好みもあると思うけど。

表紙が白地に銀(グレー?)の字。本文が上下二段組で、私には読みにくい明朝体。更に読みにくいのがコラム。グレージュみたいな地に白地なのだが、本文より更に小さいフォントの三段組。全然頭に入ってこなかった。

 

インタビューされた書店の人が言ったならともかく、紹介文の方に『見れる』などとあるのも、校正したのだろうかと思う。NHKのニュースだと、インタビューされた人が『見れる』と言ったとしても、字幕は『見られる』にしているのを以前見た。本だってそうなのでは。

| のぞみ | | 19:57 | comments(0) | - | -
屍人荘の殺人

屍人荘の殺人

 

今村 昌弘

東京創元社(2017)

 

ゾンビマニアの映画仲間から

「別に知りたくもない情報でしょうけど、今度この作品が映画化されるんですよ!」

と聞いた。確かにゾンビには興味ないものの、ゾンビに囲まれたゆえに密室となったペンションでの殺人、と聞くと、ミステリー好きでクリスティが卒論だったぐらいなので興味が沸いた。

 

病院の待合室でほとんど読んだ。最初の検査が終わったのが9時過ぎ、次の検査が13時。しかも13時の検査がMRIだったので、ガタガタと揺れながらガンガン凄い音がした時には、非常扉を破ろうとするゾンビが体当たりする振動を感じている感覚だった。

 

大体の動機と後半の犯人はわかったものの、どうやって?

謎解きが終わって「なるほど〜」となった後、今度は比留子さんが参加した動機がわからなくなって、もう一度読み直した。そうだった、そうだった。

改めて読み直すと、犯人の独白かと思い込んでいた部分が違って、でも矛盾しているわけではなく、犯人ではないある人の独白だったりして、読み手の思い込みを誘う書き方にさすがと思った。

 

映画のキャストは

葉村譲・・・神木隆之介

剣崎比留子・・・浜辺美波

明智恭介・・・中村倫也

 

音楽フェスの方を舞台にしちゃうのか。1〜2月に撮影というから、もう終わっているんだね。今年のうちに公開らしい。

キャストは良いと思うけど、ゾンビを見るのは嫌だな〜。

比留子さんはもう少し違う人のイメージだったけど、『君の膵臓をたべたい』を観た限りでは浜辺美波サンも良いかも。可愛い子じゃったのぅ。

| のぞみ | | 20:43 | comments(0) | - | -
成熟脳 脳の本番は56歳から始まる

成熟脳

脳の本番は56歳から始まる

 

黒川 伊保子

新潮社(2018)

 

探していた、年齢と脳の変化の本はどうやらこれだったらしい。私は2012年にラジオを聴いて書いていたようだ(→こちら)。

カウンセリングのブログの方に投稿した『運がいいと言われる人の脳科学』(→こちら)にも、年齢との関係は載っていた。

 

インプット期間である28歳までのうち、前半の12年間は子ども脳型、2年の移行期間を挟んで後半の14年間はおとな脳型となるそうだ。子ども脳のうちは感性豊かに吸収し、おとな脳になると過去の類似記録と関連させるが、いわば思い込みの強い脳になる。

 

優秀なビジネスマンはエリートの型枠で、ナチュラリストは「植物系で身体によい」という型枠で物事を捉える。

なので、色々な型枠を持って使い分ける人が、頭が柔らかいということになるそうなのだが、これは脳が失敗を認めてフィードバックするからこそ、複数の型枠を持ったり切り替えたりできるとのこと。な〜るほど。

 

そして、この型枠──心理学ではフレーム・準拠枠──を理解して、そういう型枠で物事を見るから、この人はこんな言動をするんだな、これが辛いんだな、と理解するのがカウンセラーの”共感”ってことね。

 

脳の2年の移行期は思春期。13〜15歳頃。この間におとな脳への調整をするが、脳は眠っている間に書き換えられるので、この時期は睡眠が必要。確かに、良く寝ていたかも。

どういう型枠でいくのか試行錯誤している段階なわけで、思春期に悩むのは当たり前ということだね。

 

この時期、自分の気持ちを尋ねられてもうまく答えられないのだそうだ。

SNSを使えばカウンセリングに繋げられるのでは……という試みは、まさにこの世代が対象ではないか?そういう意味では、LINEなどの短いメッセージであまりカウンセラーに主訴が伝わらなかったとしても、良いのかもしれない。

 

7年周期で変化していく脳は56歳が最高出力になり、ここまで生きれば何らかの達人にはなっているそうだ。が、卑屈の達人、何もやらないことの達人、ネガティブの達人にもなり得る。本質は、56歳を過ぎたら変えられないそうだ。

 

「50代の友人を持って。50代にもなれば、どうしようもない人か、脳が成熟した人か、どちらかだから」

とラジオで黒川さんが言っていたのはこのことか!

そして、どうしようもない人からは、一目散に逃げろ、と。

 

これで思い出したのがネガティブの達人。

大先輩だが、どうにも辛くなって最近お付き合いを止めてしまった。それがちょうど50代になった頃から顕著になった気がするのだ。

 

「でも」「だって」「どうせ」「〜だから」と、ネガティブDワード連発。

情報が足りないのはインターネットをやらないせい、だから子供が受験に失敗した(情報はネットだけじゃないのに?)。働きたいけど主人の母がいい顔をしない、だから働けない(大人なのに?)。主人は縦のものを横にもしない人だから、自分は外出できない(本当にできない?させないんじゃ?)。私は田舎者だから(近所の人が聞いたら怒らない?)。都市銀行の口座を持っていないから(誰でも作れるのに?)。私、オバサンだし。私、太ってるし。

 

他人にとってはどうでもいい枠を自分で作って、そのせいにしたり、自分や家族を貶めたり。たかのてるこさんの言う『自分をいじめる』ですなぁ。

「どうしたら〇〇できるか」という発想がないようで、「〇〇できないから」で終わり。夫や子供も「あなたは〇〇だから」と型にはめられてきたのかも。ポジティブな型にはめるならともかく、ネガティブな型だったら……子供が鬱になるのもわかるわ。

 

ラジオで聴いた時は「そうなの?」ぐらいに思っていたのが、今ならよくわかる。そういえば、こんな風に付き合いが辛くなってフェードアウトした人って、その時50代ぐらいだったかも、と。

 

60代では理屈じゃなく物事がストンと入ってくる、というのが楽しみ。だから、旅行や習い事をするのに良いそうだ。

パッと思いつく旅行先は、今はフォークランド諸島ぐらいだけど、60代で行ったらペンギンともわかり合えちゃうかも!?

| のぞみ | | 20:49 | comments(0) | - | -
幸せなひとりぼっち

幸せなひとりぼっち

En man som heter Ove

(A Man Called Ove)

 

フレドリック バックマン(Fredrick Backman)

坂本 あおい 訳

早川書房(2016)

 

映画(→こちら)と同じような感覚で読んだ。

映画のキャストも絶妙だったな〜。

 

原題は『オーヴェと呼ばれた男』という意味で、目次を見ても「オーヴェという男(若者)と、〇〇」がズラリ。

「オーヴェという男……」の時は今の話で、「……若者」の時は若い頃の話。冒頭から頑固オヤジぶりを存分に発揮する59歳のオーヴェについて、今と過去を行ったり来たりしながら話が進んでいく。

 

読み進むにつれてオーヴェの事がわかってくると

「あ〜あ、そういう言い方しちゃダメなのよ」

とわかる時がある。オーヴェはブレない。自分の正しいとする事を信じて行動する。ちょっとしたルーティンが大事。

 

その結果が、図らずも他人を助けることになり、オーヴェを頼ってくる人がいても全くおかしくない。猫とも幼児とも、まあまあわかり合えている。

それは皮肉ではなくそういうものなのよ、とソーニャは言うかもしれない。

 

映画も後半は大分泣いたが、小説もそう。

これは絶対、電車の中で読んではいけないと思って家で読んだ。withタオル、である。

| のぞみ | | 19:42 | comments(0) | - | -
デンマークのにぎやかな公共図書館

デンマークのにぎやかな公共図書館

 

吉田 右子

新評論(2010/11)

 

図書の分類0(総記)の中の図書館学もなかなか面白い。図書委員だった頃は、返却された本を棚に戻すのが楽しかった。それで、分類の0から9までまんべんなく本を読むようになったのだと思う。

そんな図書委員だったので、福祉国家デンマークの図書館って?と思って手に取った。

 

私は日常生活の中で図書館に行くが、もっと図書館に行くのが普通のようだ。

一人当たりの年間貸出冊数もダントツに多い国のよう。

図書館が建てられない地域には、移動図書館が走って行ったり、船の移動図書館もあるらしい。

 

カフェがあるような図書館は日本でも増えただろうが(近所だと日比谷がそう)移民してきた人へのサポートがあったり、子供の宿題をボランティアで見る日があったりするのは、移民が多い国ならでは。そうでもしないとコミュニティから孤立してしまうものね。

 

一時期、日本の作家が、新刊本が図書館にあると売れなくて困る、というような提言をしたが、デンマークにはそれを保護するような制度があった。さすが、と思ったら、デンマーク語で書かれていることをはじめ、いくつか条件があった。

 

著者はかなり郊外の図書館も訪れていて、ヨーロッパ諸国との比較もある。

図書館愛が溢れていた。羨ましい。

| のぞみ | | 20:51 | comments(0) | - | -
鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。

 

川上 和人

新潮社(2017)

 

こういう挑戦的なタイトル、好き。

でも、好きでしょう?

好きじゃなきゃここまで書けないよね。

 

もう、随所に面白い表現を挟んでくるので、抱腹絶倒鳥物語だった。ただ、読み手の教養と雑学知識も試されているかも?

 

例えば、なかなか見つけられない鳥に

『青き衣をまとって金色の野に降り立ってくれたら見つけやすいのに』

とあったかと思えば(風の谷のナウシカ)他の個体との外見の違いについての考察には赤い彗星(ガンダム)が出てくるし、そうかと思えば

『一人ではパッとしなくても、グループだと売れると毛利元就が言ってた』

みたいな!

三本の矢がここまでアレンジされると、毛利元就も笑うしかないでしょ。

他にも気づかなかった表現があるんだろうなぁ。

 

日本鳥学会の会員数は約1200人だそうだ。日本のGraduate Gemologistより少ないではないか!(私が取った頃は日本に3,000人ほどと言われていた)

鳥類学者より、宝石鑑別できる人に当たる確率の方が高いらしい。

| のぞみ | | 19:54 | comments(0) | - | -
おとなになって読むアンデルセン

おとなになって読むアンデルセン

 

須田 論一

メトロポリタンプレス(2014)

 

童話の中には、イソップのように教訓がわかりやすい話もあるが、どういう意味なのかわからず読んでいたものもあった。グリム童話がかなり怖いものだったので、アンデルセンはどうかなと読んでみた。

 

時代背景の解説や、だからこれはこういう教訓だったのだろう、という考察がある。

『マッチ売りの少女』など、こういう解説だと少し救われる。

 

子供の頃は、かなりお世話になったな。

『人魚姫』『親指姫』『裸の王様』『みにくいアヒルの子』『赤い靴』『マッチ売りの少女』『雪の女王』『野の白鳥(白鳥の王子)』……。

 

花粉症にネトルが良いと聞いたハーブ屋さんで、ネトル=イラクサなので店員のお姉さんも私も『白鳥の王子』を思い出して「イラクサでベストを編んで白鳥に投げかける話!」と盛り上がったのも懐かしい。

 

アンデルセンはかなり屈折してみたい。

貧困、11歳で父親の死、女性と交際できず。いきなり自分の生い立ちから諸々書かれた熱烈な手紙を貰ったら、女性の方はちょっと引くよね……。

現代の精神科医が診たら、アノ辺りに診断を出しそうな感じ。

| のぞみ | | 13:28 | comments(0) | - | -
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ブックオフオンライン


DHCオンラインショップ
ベルメゾンネット

懸賞・小遣い ちょびリッチ
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム