すっぴんで銀ぶら。

宝石鑑定士(俗称)だけど普通の会社員。
産業カウンセラー試験に合格!心理相談員にもなった!
国家資格となったキャリアコンサルタントにも合格!
頻度は減ったけど、旅人。
お茶やお華も嗜むけど(ホホホ)バイクも好き。
都会暮らしも、10年ちょっと。
そんな私のROCKでLOHASな日常生活を綴った日記っぽいものです。

***姉妹ブログ更新情報***
☆右下のリンクからどうぞ!☆
すっぴんで銀ぶら。〜Jewelry Box〜  2020/4/27更新!
すっぴんで銀ぶら。〜偏見グルメ〜   2020/7/4更新!
カウンセリング花笑み          2020/7/3更新!
鰯サンド

以前にも書いていたのを発見したが(→こちら)鰯でサンドイッチ。

 

土曜のお昼にスワンベーカリーへ行ったら、コロナの影響で土曜休みになったのがまだ復活していないようで、閉まっていた。

家にあるのは焼いた鶏モモと、塩焼きの鰯……そうだ、鰯サンドにしよう。

 

以前と違うのはトーストした食パンにバターでなくマヨネーズを合わせたところ。塗るのではなく、細い方の口で網目状に描く感じで。

 

そこへレタス、骨を取った鰯を乗せて胡椒とレモン汁、再度レタスを乗せてパンごと二つ折り。

 

ちょうど野菜のスムージーも買ってきたので、お昼で一日の野菜必要量を超えた感じ。写真は緑ばっかりだけど、映っていないところに5〜6種類入った野菜炒めも。

| のぞみ |  −レシピっぽい | 21:02 | comments(0) | - | -
謎炒め

週末に近づき、肉も魚も食べ尽くし、買い物や調理の気力もない。

そんな時に、ちくわの冷凍があるじゃないか!

最近、スケソウダラを使ったちくわやかまぼこ、筋繊維を増強させる蛋白質が入っていると聞いたしね。

 

ちくわが入っている引き出しに、油抜きして1枚ずつラップした油揚げと、鶏ハムの副産物の細切り茹で鶏皮も発見。

蛋白質、脂質少々、コラーゲン……一緒に炒めちゃえ!

 

斜め切りにして冷凍した長ネギを使い切っていたのが残念だったが、キャベツを入れて。醤油だと味が強そうだから、めんつゆで味付け。

見た目は謎だが、味は良い。それぞれから旨味が出てる〜。

 

まだあったので、二度目は水で戻したあおさを入れてみた。磯の香り〜♪

これも良きかな。ちくわと油揚げ、また買っておこう。

| のぞみ |  −レシピっぽい | 13:23 | comments(0) | - | -
鶏ハムに良きソース

また鶏ハムを作った。

今度は、2枚組のうち1枚は炒め物になった。

 

思い付きでソースを作った。

おろし人参+マヨネーズ+ヨーグルト。下に敷いたミニセロリにも合う。

 

ソースの色のトーンが鶏肉と近いので、マヨ+バジルや、マヨ+パクチーの方が彩りが綺麗かな?

| のぞみ |  −レシピっぽい | 13:00 | comments(0) | - | -
鶏むね肉は2枚組

同じスーパーでも店舗によって品揃えが違い、閉店した店舗には鶏むね肉1枚入り(ちょっと高いけど美味しそうな餌を食べている鶏)があったのに、今まで観光客が多くて敬遠していた店舗は2枚入りが最小。

 

築地方面の、後ろで鶏を捌いているのが見える昭和な佇まいの鶏卵店は相変わらず行列なので、よほど健康で時間がないと難しい。

 

今のスーパーも、国産むね肉2枚入りで発泡スチロールのトレイを使っていないものがあるので、最近それを買っている。

2枚とも同じ料理にすると飽きてしまうので、1枚蒸したらもう1枚は照り焼きというようにしていた。

 

先日のサラダチキン風は2枚いっぺんに茹でた。

シンプルでそこからのアレンジが効くので、あまり飽きることはなかったものの、今回は、1枚を炊飯器でチキンライス風に炊いて、もう1枚は茹でた。

(←おこげできた!)

 

チキンライス風は、洗ったお米の上にネギの青い部分と生姜、そして鶏肉を直に乗せて炊く。蒸しバスケットを使った方が柔らかいかな〜。鶏のエキスは下に落ちるので問題ないだろうし。

 

茹でる方は、鍋が小さくなったの分、出来るスープの量がちょうど良い。今回はほぐさず、冷やしてから薄く切って鶏ハムにした。

トーストにマヨネーズを塗って(バターの代わり)レタスを乗せ、鶏ハム。シンプルながら美味しいな!自画自賛!

| のぞみ |  −レシピっぽい | 21:00 | comments(0) | - | -
備忘録:新玉ねぎと小松菜の煮浸し

ミートソースを作るのにスーパー(プロ用)に玉ねぎを買いに行ったら、巨大な新玉ねぎ5個入りと、中国産のむき玉ねぎしかなかったので、当然前者。

 

いつもの八百屋で小松菜90円、2袋で150円だった。その計算おかしいでしょ、とカゴに。

 

皮があまり綺麗でなかったので、出汁として粗削りの鰹節を少しだけ入れた。皮でなくても、新玉ねぎそのものも良い香りなので、ボリューム感のあるくし形に切った。

 

小松菜もざくざく切って、葉の方だけ一番最後に入れて一煮立ち。

一度で食べ切るわけではないから、次回からは葉の色が悪くなっちゃうけどね。

| のぞみ |  −レシピっぽい | 21:19 | comments(0) | - | -
レモン&レモンバームサラダチキン

レモンバームがよく合ったので、刻んだレモンバーム、レモン汁、コショウを混ぜて。

 

腸の調子(腸子?)を気遣い、オリーブオイルはまた今度。

トマトもまだ食べられなかったので、彩りは人参で。

| のぞみ |  −レシピっぽい | 12:51 | comments(0) | - | -
ジミジミスープ

風邪ぎみの時や、内視鏡の後などに作る、野菜をグダグダになるまで煮たスープ。

 

新玉ねぎの皮、ブロッコリーの茎の皮と葉、潰したパクチーの根でスープを取った。新玉ねぎの皮は本当に良い出汁が出る。そこにパクチーの根なんて最高でしょ。

 

そこに薄切りの新玉ねぎ、刻んだブロッコリーの蕾と茎の柔らかい部分、細かく刻んだパクチーの茎を入れてグツグツ。

おたまの背で少し材料を潰して、低脂肪乳でポタージュ風に。味付けは塩コショウ。

 

スープのままでも良いが、FANCLの発芽米ポップライスを買ってあったので、これを入れる。

と、リゾット風になる。

 

発芽米も雑穀も、油や塩を使わずパフッとさせてあるので、消化が良い上に、わりと食べ応えもある。内視鏡後のこの時期に良いかと思ってね。

 

ただこのポップライス、どうも廃盤みたい。売り切ったら終わりと書いてあって、これが店舗にあった最後の1箱だった。今はコロナウイルスの影響で、店舗も閉まっているから、貴重な最後の1箱。

 

ちなみにジミジミスープは、地味ながら滋味あふれる野菜スープの略。

| のぞみ |  −レシピっぽい | 11:56 | comments(0) | - | -
サラダチキンを作ってみる

市販のサラダチキンは便利なのだろうが、塩気が強いし添加物も嫌だわ。

作るべし。

 

直接茹でるのと、ビニール袋で茹でるのとあるようだが、うちにあるビニール袋は耐熱なのかわからない。袋を見ても耐冷温度しか書いていないので、冷凍することしか考えられていない模様。

 

皮を外した鶏胸肉に、砂糖をもみ込む。ほぉ、砂糖。鶏肉1枚に小さじ1/2で、味には影響しないそうだ。これでしっとり柔らかくなるらしい。

そして、塩をもみ込む。鶏肉1枚に小さじ2……ちょっと私には多いかな。適当に減らす。

 

10分ほど置いてから、ネギの青い部分と生姜、水を入れて強火にかける。沸騰直前に弱火にして、アクを取りながら10分。鶏ガラスープほどのアクは出ない。火を止めたら、完全に冷めるまで放置。余熱でしっとりとした仕上がりになるのだそう。

 

冷めるまで放置するのは、茹でタケノコと一緒。見張っていなくていいから簡単だ。冷める途中でスープの味見をしたら、下味から茹で汁に出た塩味が良い感じに、そのまま鶏スープとして飲める。

 

冷めたらビニール袋に入れ、拳で叩いてから手でほぐす。そこへ茹で汁を鶏1枚につき大さじ1ぐらい混ぜるとしっとり継続。

あるいはそのまま冷やして切る。

 

←こんな感じ。

飾りのレモンバームと一緒に食べたら、合うなぁ。レモン和えもいいかも。

 

ビニール袋で茹でれば旨味が閉じ込められて良く、水で茹でれば鶏スープがついてくるのが良く、どちらでも美味しいんだろうね。

茹で汁鶏スープで、うどんのつけ汁も作れた。ご飯も炊こうかな。

 

今は皮を食べられないので、一緒に茹でてから細切りにして、冷凍しておいた。炒め物にでも入れたら、一味違うかな。コラーゲン、コラーゲン。

| のぞみ |  −レシピっぽい | 12:51 | comments(0) | - | -
芹と鶏団子のスープ

芹を見ると作りたくなるもの。

芹と鶏団子だけのことも多いが、今回は長ネギも入れた。

 

鶏団子にも刻んだ長ネギと、すりおろし生姜を入れた。

 

煮すぎるとすぐ色が悪くなるので、茎は先に入れるけれど、葉は仕上がり間際にさっと火を通すだけ。

それでも、一度に何回分かできるので、二度目以降は色が悪いけどね。

 

内視鏡の前はこういう繊維質の物をたらふく食べられたわけだが……まぁ、ちょっとは戻ってきたかな。あと少し。

| のぞみ |  −レシピっぽい | 12:13 | comments(0) | - | -
レモンバーム

八百屋で2パック買ったレモンバームは、ザルにあけて洗ったら意外と量が多かった。

 

気を落ち着けて(そんなに慌てることでもないが)まずはフレッシュハーブティー。

クリソベリルみたいな色。

 

何に使おうかな〜と調べたが、料理やお菓子はピンとこず、シロップを作った。

 

半量ぐらいまで煎じて、濾してから砂糖かハチミツを加える。ハーブの本に未加工糖でとあったが、今使っているのはサトウキビではなくてんさい糖なので問題なし。

 

これはお湯割り。

ホットミルクに入れるのも美味しかった。

 

鎮静や抗うつ効果があるのは知っていたが、改めてハーブの本を見ると抗ウイルスともあった。コロナウイルスに効くかどうかはわからないが、心身の調子を整えて、免疫力を高めるという意味では有効か?

| のぞみ |  −レシピっぽい | 14:44 | comments(0) | - | -
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ブックオフオンライン


DHCオンラインショップ
ベルメゾンネット

懸賞・小遣い ちょびリッチ
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム