すっぴんで銀ぶら。

宝石鑑定士(俗称)だけど普通の会社員。
産業カウンセラー試験に合格!心理相談員にもなった!
国家資格となったキャリアコンサルタントにも合格!
頻度は減ったけど、旅人。
お茶やお華も嗜むけど(ホホホ)バイクも好き。
都会暮らしも、10年ちょっと。
そんな私のROCKでLOHASな日常生活を綴った日記っぽいものです。

***姉妹サイト更新情報***
☆右下のリンクからどうぞ!☆
すっぴんで銀ぶら。〜Jewelry Box〜  2019/3/10更新!
すっぴんで銀ぶら。〜偏見グルメ〜   2019/4/20更新!
花笑み(カウンセリング用のブログです)2019/4/17更新!
なかなかリアル

昨夜は咳で何度か目が覚めてしまった。

咳込んでは起き、少し経って「大丈夫かな」と思って横になり、また咳込んで……を繰り返しながらトロトロ眠っている時に見た夢は、そんな状況だからか病室で咳込んでいた。

 

2月に1泊した医院ではなく、大学病院かと思われる広い病室。

先日の初診の先生(若いオダギリジョー風)が咳込む私を前に、呼吸器の先生とステロイドを使うべきか話し合っている。

「明日、〇〇の検査なんですよね」

と言いながら。前泊する検査というと、あっちか。

 

初診の時に、CT検査の指示が出て、喘息だと造影剤が使えないから普通に撮ると聞いた。その時に

「本当に必要な時は、ステロイドを点滴しながら使いますから」

と聞いたのを覚えていて、こんな夢になったらしい。

 

来週は、いよいよ小腸(内視鏡?)の先生とご対面。

予約変更がしづらそうだったから確実な来週にしたけれど、体調優先で一番早い予約にすれば良かった、とも思う今日この頃。

 

とりあえず、咳が落ち着いたところで一回吸入して、朝まで眠れた。

| のぞみ | 美容・健康 | 19:22 | comments(0) | - | -
ヤニーズ、許すまじ

職場に喫煙者が2人いるので、少なくとも3回は、自分は喘息と片頭痛があること、髪や服についたタバコの有害物質でそれらの発作を誘発することは伝えてあった。

 

にもかかわらず、だ。

ニコチン依存症の奴らがたんまりと有害物質をオフィスに持ち込んだせいで、眼や喉はヒリヒリするし、その晩に喘息の酷い発作がきた。

労災?少なくともスモークハラスメントってやつだな。

 

口頭で効かないなら記録しておこうと思って「何度か言いましたが」と始めて、発作が起きたことも書いて、配慮のお願いのメールをした。

外人上司もcc:に入れたので、日英併記にした(メンドクサ〜)。

重く見たHRBPが「アナタ達が思うより事態は深刻だ」と言ってくれ、クラスメイトから糾弾された小学生がホームルームで形ばかりの謝罪をするようなメールが来た。

 

天気が不安定なので、今日は時々呼吸が苦しかった。

無意識のうちにフ〜ッと息を吐いている時が大抵そうみたい。

これだって最近は治まっていたのに。ヤニーズ、許すまじ。

 

来週、外人上司が来るから休みたい。この件を話すの、メンドクサ〜。

もう声も枯れちゃってて、話すのも億劫だわ。

| のぞみ | 美容・健康 | 19:42 | comments(0) | - | -
CT

大学病院の再診受付機に診察券を入れる。

誰からもその案内はなかったが、次回はアレだなと見つけて帰った前回。

まぁ、どこの病院もそんなものだろうから。

 

わかりやすく、受付から検査室から診察室まで、番号がついている。

大きな病院で色々な人が来るから、パッと見てわからないとね。

 

放射線検査の受付は有人で、問診票を貰った。

入院の人が車椅子でやってきて、検査室へ消えていった。

検査室の待合で問診票を書いて待っていると、検査着を渡され、更衣室の案内があった。着替えて出てきたらすぐ検査室へ。早いわ〜。

 

CTはX線なのでアレだが、MRIよりは早いし楽。MRIはうるさくてねぇ。造影剤も使わないので、あっという間に終わった。

初診の先生は小柄で若いオダギリジョーという感じで、今日の技師は石原良純みたいな濃さだった。

 

検査室を出ると、ストレッチャーに乗せられた入院患者が待機していた。着替えて出てくると、外来の患者が待っていた。

一日に物凄い人数をこなしているんだね。待つこともなかったので、予約時間より前に終わった。

 

会計機で会計を済ませる。これが楽。

診察で待って、会計でまた待つのでは、具合の悪い人には辛いもの。

電子カルテになって、こういう点は飛躍的に改善されたのでは。

 

5,250円……イタタタタ。CTってこんなに高かったっけ?

次の検査でまたポリープなど見つかって取れば医療保険が下りるけど、検査で異常なしなら自己負担はそのままだよね。異常なしならない方が良いけど。

 

朝食抜きだったので、降りた駅でパンを買った。

チェーンのパン屋が駅ナカにあるのを思い出したのだ。出店している時に、姉がここのパンを差し入れてくれた。食べに出る時間がなかったあの時、助かったな〜。

| のぞみ | 美容・健康 | 09:30 | comments(0) | - | -
キノコのその後

紹介された大学病院へ行ってきた。

更なる検査や確定診断で、何度かこの規模の大病院を紹介されたことがある。初診受付を済ませた後、検査する棟まで延々歩いたこともあったが、その点ここはすぐ上の階だった。

 

運河に面した大きなガラス窓から、陽光がさんさんと射し込む。

早めに着いて、前に2組いるっぽかった。前の人が終わって、早めに呼ばれるか!?と待ったが、結局予約時間通りだった。

 

キノコのポリープは、Peutz-Jeghers 型ポリープ(Peutz-Jeghers polyp)というものらしい。

「ポイツ・ジェガーズ症候群っていうのはもう難病なんだけどね」と先日の医院で言われたが、それはポリープが100個ぐらいできてしまうもの。それと同様のポリープが、他の症状を伴わずに(皮膚の色素沈着があるらしい)単体で出来たもののようだ。

 

そんな珍しいキノコを栽培していたのか。

先日耳にした時は「え?ボリス・エリツィン?」と思ったぐらい。

 

まずCTを取って、その検査結果を聞きつつ、小腸のカプセル内視鏡で検査する方向性で相談することになりそう。

ここはせっかく土日祝日もやっていて普通の内視鏡なら出来るが、ここまでいくとドクター指定となってしまい、週1回のみ。予約でパンパンのところ"裏技"で予約を入れてくれた。なのでこちらも不確定の日は避けて、安全そうな4月下旬にした。4月から体制が変わるはずだけど、給与支給日ならまぁ大丈夫だろう。

 

CTは、喘息だと造影剤を使うリスクがあるので、まずは使わずに撮るとのこと。そのリスクを問うたら、造影剤でアレルギー反応が出ることがあるのだとか。本当に使わなければいけない時は、ステロイドを打ちながら造影剤を使うらしい。

 

☆ ★ ☆

 

余計な心配をかけたくなくて、まだ母には話していなかったが、結果の出るのが先になるので今日話した。

というのも、父が以前大腸ポリープを取ったはずなので、それが普通のだったのか確認もしたかったのだ。普通のだった。

 

「あらー、でも早めに見つかってラッキーだったじゃない?」

この母にしてこの娘あり、でしょ。

 

うちの家族は電話がかかってくると全員「あ、私〜」とオレオレ詐欺みたいな名乗り方だったので、今日は名前を名乗ってみたら「え?」と言われた。「あ、わたし〜」の方がわかるんかい!

| のぞみ | 美容・健康 | 16:04 | comments(0) | - | -
きゃふ〜ん

今年は来た?週末にくしゃみ連発で鼻がムズムズ。

 

「もしかして、花粉再デビューかも…」

と職場の可愛い子(花粉症)に言ったら

「お帰りなさ〜い♪」

まだ仲間には入りたくなかったんだけどね〜。彼女は外から人が帰ってくるだけでムズムズすると言う。あ、日曜日に工事の人が出入りしていたし。

 

それこそ乳酸菌が良いのかもしれないけれど、ヤクルト400やミルミルは合わないかもしれず、ちょっと止めている。

 

花粉症が治まった頃に感じたのは、睡眠不足が悪いということ。

そういう意味では、花粉の飛び始める頃から慢性睡眠不足でしょ、出てもおかしくないかもね。

 

でも、明日は予定が詰まっているので、それどころではない。

最初は扁桃腺も痛かったので風邪薬を飲んだら、鼻も少し止まったし。

| のぞみ | 美容・健康 | 23:28 | comments(0) | - | -
保険金

医療保険の支払手続きが完了したと通知が届いた。

今は「とっとと支払わないと!」というモードになっているので、早いね。

 

よくある手術だし、開腹したわけでもないので案の定最低額だったけど、3割自己負担分は賄えて良かった。

 

今後、新たな医療保険に入ることもないだろうから、入っておいて良かった。

というより、よく保険のことを思い出したな〜、自分。Good job!

 

まだ、日曜日に大学病院が残っているけれど、もし手術だ入院だとなった場合は別の手続きになるとのことだったので、先日のキノコ採りは一件落着。

 

ところで、その時に血管確保されていたところが、まだ腫れてて痛いんだけど……。21歳だか22歳で虫垂炎をやった時にはもっと早く戻った気がしたけど、さすがにこれは加齢かね?

| のぞみ | 美容・健康 | 21:53 | comments(0) | - | -
キノコの検査結果

先日内視鏡で取ったキノコっぽいのと虫刺されっぽいポリープの検査結果を聞きに行った。

 

結果、大腸がんでなくて良かったが、キノコがちょっと面白い物だったみたいで、大学病院を紹介された。

「これはもう取ったからOK」となるのか

「念のため小腸も調べましょう」となるのか、というところ。

キノコが増殖する難病があるらしいんだけど、今のところ腸閉塞にはなっていないと思うんだ。

 

小腸だったらヤクルト400だし、大腸だったらミルミルだね(ヤクルトで済まそうとしている)。

 

大学病院……また休まなきゃいけないのか〜。

と思ったら、消化器科は土日祝日もやっていた。土日でも内視鏡など受けられるし、サイトに載っている写真を見ると、内視鏡検査からの回復室にリクライニングチェアがずらっと並んでいて、一体どれだけ専門医がいて一度に何人も内視鏡検査をできるのか。内科医と外科医でチームを組んでいるようだし、そういう所なら安心してキノコを任せられるよね。

 

一度ここに掛かれば、その後に年に一度ぐらい内視鏡検査を受けて、となった時にもここで受けられるのかな。もしそうなら便利だな。

 

先日入院した医院は、内視鏡の先生が月に2回しか来ない。その先生の腕は良くても、結局組織の検査をした時に結果を読める医師はいないわけだ。

でも「念のため」と入院できる設備があるのは良かった。帰宅して大出血しても、救急搬送されたらそこの医院に行っちゃうんだけど。

 

便潜血検査をした時は頭痛で掛かっているクリニックで、そこから紹介できると言われた医院もサイトを見ると、どうも消化器専門ではなさそうだったんだよね。それで、胃の内視鏡をやってもらった医院にしたのだ。かかりつけ医から大病院へ紹介するシステムになっているから仕方ないのかな、と思っている。

 

来週末は喘息のクリニック、再来週末は頭痛のクリニックと上記の大学病院で、かなり時間は取られる。平日も帰りが遅いのがネックだな〜。

| のぞみ | 美容・健康 | 16:24 | comments(0) | - | -
患者ファースト

大腸内視鏡を受けた時のこと。

 

事前に看護師さんから、胃の内視鏡ほど甘くないわよ、なんて言われた時に、それなりに時間もかかると聞いた。検査だけの機関は本当に検査だけしかしないので、30分ほどで終わるらしい。でも、"ポリープがあるので後日病院で取って下さい"という診断が下るだけ。

 

「うちの先生は、患者さんにもう一度この苦しいのを味わわせないようにって、出来るだけ取るの」

確かに苦しいよ。身体の負担を考えたら、一度で終わって欲しいよね。良かったわ。

 

その後に入院となってしまったわけだけど、点滴を気にしつつ、うつらうつらしながら思い出した。

盲腸で入院した医院も、救急車が来ないだけで規模としては似たようなものだったと思う。ナースコールをするとピンポーンという音が外来の待合室でも聞こえるが、それが長いと院長先生が怒るのだそうだ。患者を待たせるとは何事か、と。

 

もちろん、入院患者は看護師さん達の忙しさを知っているから、点滴が完全に落ち切らないうちに鳴らしたりして、別にイライラすることはない(患者の大部分は盲腸と痔だったしね)。

 

でもその話を聞いて、患者のことを想ってくれているんだな、とわかった。

とはいえ、エジプト帰りの高熱でそこの外来に掛かって、点滴を打つと言われて準備もできているのに、先生の海外話が延々と続いて、私は熱で朦朧としているし、後ろで看護師長さんがヤキモキしていたこともあったけどね〜。

 

入院したのは先週か〜。

もう遠い過去のように、今まで通り馬車馬のように働いている。

| のぞみ | 美容・健康 | 22:18 | comments(0) | - | -
保険

健保の高額療養費を調べたら、全然高額じゃなかった。

そういえば!と思って、保険のコールセンターに電話してみた。一応入院だし、一応手術だし。

 

今日、代理店から連絡があり、適用とのこと。

まぁ、入院日額5000円の保険なので、あとは手術費用でどれだけ出るかというところだけど、一番少額だったとしても3割負担の足しにはなるので有難い。

 

こちらが医療保険で、取った組織が悪性腫瘍だとしたら、がん保険が適用になるのかな?まぁ、説明を聞くとしよう。

保険の窓口を一本にしておくと、こういう時に楽だね。

 

休んだ後の初出勤は、ちょっとへろへろしていた。

消化の良い物を少しだけしか食べられないので、仕方ない。

ところが、さぞお腹が空くかと思ったら、意外とそうでもない。

もしかして、これが腹八分目なの!?

| のぞみ | 美容・健康 | 21:19 | comments(0) | - | -
退院

5時位に、外がザワザワし始めて目を覚ました。

7時頃かな、検温や血圧測定に来た。

 

「後でお粥さんが出ますので。院長先生の診察を受けたら退院です」

待望のお粥さん!皆「お粥さん」と言うが、私にとっては「お粥様」だな。

 

あれ?パンだ。

私の名前の横に「全粥」と書いてあるので、全粥レベルの食べ物ということなのだろうか。

 

盲腸の時は、絶食絶飲→ほうじ茶→重湯→三分粥→五分粥→七分粥→全粥 と段階を踏んでいたので、こんなに食べても良いのか、と少々驚き。腸に生えたキノコを取っただけで、腸を切ったわけではないからかな。

 

検査前はジャムや柑橘類、牛乳もダメだったので、今後3日ほどの消化の良い食事にこの程度は食べて良いという目安になった。

 

診察室に行くようにと言われ、3Fの病室から1Fへ降りる。

「結構大きいのがあったね」

「でも取る時に痛くないものなんですねぇ」

「S状結腸だからね。肛門に近い方は痛いよ」

 

レントゲンを撮ったら、クリップがしっかり映っていた。そこがS状結腸か。クリップは自然に外れて、外れたことにも気づかないまま排出されるそうだ。

 

部屋に戻ると、血管確保の針を外しに来てくれ、事務員さんが精算にやってきた。

「38,160円です」

イタタタタ……。一番痛むのが財布だったか。

一週間ほどで取った組織の検査結果が出るそうな。

 

帰りにコンビニで、パンやらプリンやら買って、行きつけのお店を覗いて

「XXX医院に一泊しちゃった〜」

と言ったら驚いていた。そりゃ驚くよね。

「その割にはあまりにも普通っぽくてビックリしましたよ」

「痛みもないし、食べていなかった分ちょっとフラフラする位?」

 

そこへ社長が出勤してきて、同じ話をしたら

「今日はこのまま休んで!無理して出勤してインフルでももらったら大変」

私の社長じゃないけど(笑)そうしておこう。

 

それにしてもラッキーだったよね。

区の検診を受けていなかったら?

検便で陽性が出なかったら?(2日法で、1日陽性だった)

内視鏡を受けていなかったら?

 

健康診断って大事だな。

| のぞみ | 美容・健康 | 15:29 | comments(0) | - | -
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
ブックオフオンライン


DHCオンラインショップ
ベルメゾンネット

懸賞・小遣い ちょびリッチ
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム