すっぴんで銀ぶら。

宝石鑑定士(俗称)だけど普通の会社員。
産業カウンセラー試験に合格!心理相談員にもなった!
国家資格となったキャリアコンサルタントにも合格!
頻度は減ったけど、旅人。
お茶やお華も嗜むけど(ホホホ)バイクも好き。
都会暮らしも、10年ちょっと。
そんな私のROCKでLOHASな日常生活を綴った日記っぽいものです。

***姉妹サイト更新情報***
☆右下のリンクからどうぞ!☆
すっぴんで銀ぶら。〜Jewelry Box〜  2019/5/12更新!
すっぴんで銀ぶら。〜偏見グルメ〜   2019/6/22更新!
花笑み(カウンセリング用のブログです)2019/5/6更新!
キャリコン登録手続き

必要書類を1/4に送ったら、1/16に登録料を支払うよう案内が届いた。思ったより早かった。

最初の必要書類は印紙で支払った(9,000円)が、登録料(8,000円)はカード支払いができるので便利。

 

2〜3週間待つと、登録証がやってくるはず。

混雑時は3〜4週間らしい。まぁ試験後だから混雑してるかな。

 

次の更新までにどれ位の活動をしないといけないのだろう。

資格が多くなるとそういうマネジメントも大変。似たような領域だったら単位互換を増やしてもらいたいものだ。

| のぞみ | お勉強 | 22:07 | comments(0) | - | -
葛藤の跡

時々、思いついたことをメモ代わりにwebメールの下書きに入れる。

そこに「キャリアコンサルの葛藤」というものがあった。

内容から察すると、キャリコンの受験資格を得るための講座(2016年3月)の申込前らしい。

 

産業カウンセラーの実技試験の際は、受かったらキャリアの方へと言った(シニア or キャリア)のに、実際カウンセラーを取ってみたら、精神医学に興味が出てしまい、シニアもキャリアも勉強が進んでいなかった。

勉強したのに結局社労士を受けなかったのは、この国家資格ができるから。

 

3月の講座を受けておけば5年間は国家試験が受けられるし、その講座は4月以降には実施されないのだが、3月後半の土日4日を潰して、43,200円の価値はあるのだろうか。

 

でも、とりあえず、受けておく?

4月以降は無いし、大学のテキストでもキャリアの部分は解決方法が今ひとつ不明確だったので、その勉強にはなるし、国家資格の一つも欲しいし。

 

ということで3月の講座を受け、8月は申込に間に合わなかったが11月の試験を受け、無事合格したので、今思えば結果オーライ。

「あれ?むしろキャリアの方が人事経験や転職経験が生きる?」

とあの講座で気付いたこともあった。

 

私にしてはメモしておくほど葛藤があったようだけれど、今まで通り「悩んだらやっとけば?」で良いらしい。

 

明日から仕事なので、郵便局や役所に行ってキャリコンの登録書類を送った。

収入印紙も、住民票も必要だった。おまけに簡易書留で送付。

24時間開いている局はちょっと遠いので、近い徒歩圏で済む平日に!

| のぞみ | お勉強 | 18:39 | comments(0) | - | -
試験結果の差

キャリコンの合格率を見てみた。

学科 77.2%

実技 74.3%

同時受験者 67.2%

 

平均点は

学科 74.6/100

実技 96.9/150

 論述 35.8/50

 面接 62.0/100

 

上記は私が受験したキャリア・コンサルタント協議会(結果詳細は→こちら)。

 

もう一つの試験実施機関である日本キャリア開発協会を見てみると…(結果詳細は→こちら)。

実技の合格率がかなり低い。平均点はさほど変わらないのに……。

受験者数はこちらの方が多い。

 

学科 74.8%

実技 59.4%

同時受験者 50.7%

 

平均点は

学科 74.5/100

実技 92.6/150

 論述 36.0/50

 面接 57.4/100

 

学科試験の問題は同じはずなので、似たような点数なのだろう。

だとしたら実力も同じぐらいではないのかな。なのに実技のこの差は…。

 

今後受ける方は、こういう事もご参考に。

私は合格後の指定登録機関もCC協議会なので、そちらで受けた。申し込んだ後で、第1回試験の比較(上記のような)を書いたブログを発見して、ちょっとホッとしたのだった。

 

でも受験機関によって差があるのだとしたら、どうなんだろう。

誰でも受けられる国家試験と違って、養成講座を修了していたり、相応の実務経験がないと受けられない試験なのに(そういう意味では合格率が高くて当たり前なのだ)。

 

昨夜の喜びを噛みしめつつ、今日が仕事納め。

同僚にはわざわざ言わなかったけど。

| のぞみ | お勉強 | 20:29 | comments(0) | - | -
キャリアコンサルタント

国家試験、合格☆

 

web上で合格発表されていたので、帰ったら確認しようと思ったら郵便も届いていた。

今更ジタバタしてもどうしようもないのだけれど、エレベーターに乗って、家に着くまでの間はドキドキで、コートを脱ぐ間も惜しんでまず封を開けた。

 

「キャリコンと名乗るには登録が必要です」という紙が同封されているのが見え、一部合格だったらこんな酷なことはしないだろう、とちょっと期待する。

 

学科は自己採点していたので、よほど特殊な配点でない限りは大丈夫かな、と思っていた。結局、正解数×2点ということで良いのだろうか。

 

実技の判定は

A:評価項目の満点の60%以上の得点

B:評価項目の満点の40%以上60%未満の得点

C:評価項目の満点の40%未満の得点

となっていて、一つでもCがあると、全体の得点が60%以上であっても不合格。全部Aだった。ホッ。

 

論述は大丈夫な気がしていたが、問題は面接試験。

特に指定のスタイルはなく(指定されても困るが)クライエントの前提条件が書かれた紙を見せられたのみ。

 

場面構成の指示もなく、そこが弱かっただろうか。あるいは、口頭試問で聞かれたあの部分の突っ込みが甘かっただろうか。

色々と思うところはあったので、次に受ける際にはその点を注意しようと思っていた。

 

次に受けなくていいんだ……。あ〜、良かった。

学科より実技の方が受験料が高いし、実技は論述と面接で2回行かないといけないし。

 

年明けに、この登録と心理相談員の更新をしよう。

| のぞみ | お勉強 | 21:26 | comments(0) | - | -
実務向上研修

今日は一日、中災防の研修だった。

 

更新するには、3年間で6ポイントをクリアしないといけない。

以前(昨年?)参加したフォーラムは1ポイント。その他に、興味のある研修を取ろうとすると、産業カウンセラーの方で聴いたような話だったり、都度お金がかかったり。この実務向上研修だと一気に6ポイントなのだ。

 

心理相談員を取った時の研修と同じく、座席が指定されていた。

お隣は産業カウンセラーの方。良かった♪隣人も重要!

出張のついでということで、かなり遠方からのご参加だった。

 

午前が「働く人の健康づくりの動向」と「セルフケアに役立つマインドフルネス・スキル」。講義とはいえ、小さなエクササイズを挟みながら。この研修は3コースあるのだが、前者はどのコースにも共通のもの。最近の動向や、ストレスチェックの話など。

 

マインドフルネスは最近、詳細の記事を目にして、読もうと思う本を選んでいたところ。

認知行動療法に瞑想を取り入れたような感じ?

過去の事を悔んだり、未来に不安を持ったりすることの少ない私にはわからないけれど、思考がグルグルしがちな人には良いのだろう。

 

午後が「身体の使い方から考え直す『心身の在り方』」。

お父様が古武術の武道家という先生で、先生ご自身は闘うよりも、その時の身体の動きや使われ方に興味をお持ちになったのだとか。

 

会報誌にも連載されていて、ほんの一点に意識を向けるだけで、身体がものすごく安定したり動きやすくなったりするとのことだったが、写真だと「へ〜」ぐらいだったし、相手がいないと実践しにくい。

 

これが!

例えば、片足を上げる時は軸足でなく上げている方の足先に注意を向けると、驚くほど安定する。どれだけ安定するかといえば、前に出した腕に手を置いて、飛び乗っても平気なくらい!

 

膝を曲げる時は、膝の裏に注意を向ける。

これは、普段が膝小僧側か膝裏かでいえば、マイノリティな膝裏派だった。だからいくら正座しても足が痺れなかったんだろうか。

 

バレリーナの軸足がぶれないのも、もちろんあの方々は鍛えていて素晴らしい体幹やバランスを持っているだろうけれど、手先や足先に注意が向いている、ということもあるのかな。あ、質問すれば良かった(と今になって気づく)。

 

手先、足先、肘や膝の裏に注意して、身体に負担のない生活を送りたい。

 

☆ ★ ☆

 

正直なところ、心理相談員の更新は今後どうしようと思っていた。

産業カウンセラーと、心理相談員と、今後キャリアコンサルタントと……更新するのに研修など受けねばならない。

 

そんな話をお隣のマダムにしたら

「そうねぇ。私はこの研修だけ受けて、まぁちょっとアップデートして更新しておけばいいかなと思っているのよ。産業(カウンセラー)の方ともちょっと違うじゃない?」

そうします!

 

心理相談員はすごく企業寄りなんだけど、主催団体が中央労働災害防止協会だもんね。でも、企業での取り組みに関しては、割と最新の生の声が聞ける気がする。

| のぞみ | お勉強 | 19:25 | comments(0) | - | -
試験だった−2

今日は実技試験(面接)だった。

テキストの「カウンセリングの実際」の辺りや、演習の時の設定とロールプレイのフィードバックを見たものの、その場でないとわからないことも多く、結局ぶっつけ本番。ある意味、いつも通り。

 

新橋と虎ノ門の間ぐらいの会場だったので、歩いて行った。

産業カウンセラーの実技試験は、東京会場が何故か船橋。それと比べなくても近くて有難い。

 

到着して、受付のフロアに行く前のトイレに入ったら、後から出てきた人に「試験ですか?」と声をかけられた。

私は9:45集合だったのだが、その方は1時間後の指定。そういう区切りで指定していたのか、と知る。なんでもお住まいが横浜なので早めに出てきたのだそう。そうよね、途中で何かあるといけないし。

 

15名×2回が一度に受付ける数らしい。私は後の組だったが、待つといっても前の組の試験は20分、大したことはない。

いい感じに緊張する。この緊張感は結構好きかも(Mなのか!?)。

 

前の組が終わる前に、部屋の外で待機。その間に、今回のロールプレイの設定や注意事項が渡される。

産業カウンセラーは受験者同士がライブでカウンセリングをするが、キャリコンでそれをやるとグズグズになるからかロールプレイだからか、相談者役の人がいるのは楽。

 

さっきトイレで「(相手役の人は)聞けば何でも話してくれるらしいわよ〜」と聞いた。色々聞いて引き出さなくちゃ、とその時は思ったが、実際に始まると流れがあるのでね。

あっという間に15分終わってしまった。

 

そこで相談者役の人は出て、5分の口頭試問。

振り返りが重要だと思っていたが、きちんと言えただろうか。

あとはもう結果待ちだ。

 

控室に荷物を取りに行って、日比谷公園の方を回って帰る。

途中、有楽町の映画館へ行ったが、合う時間がなかった。今、劇場鑑賞券があったり、千円で観られるチケットを持ってたりしたんだけど、残念。

 

交通会館や近所の八百屋で買い物して、昼食後にゆっくりしていたら、図書館に予約していた本の引き取りが今日までだったと気づいて、また出る。ここまで来たら鶏肉屋へ……と回ると、営業時間が変わっていて土曜は15時迄!!ぷりぷり鶏肉はまた今度。

 

最後に行きつけの呉服屋で手拭いを買い、試験が終わったけど結果がくるまでわからないという話をしたら

「でもその顔は大丈夫ですよ!」

と自信満々に言われた。この顔は終わってスッキリした顔ではないかな。

| のぞみ | お勉強 | 11:50 | comments(0) | - | -
ギリギリセーフ?

昨日の試験の問題と正答が10時に発表されたので、昼休みに答え合わせしてみた。

 

お?

正答数が70%以上で合格ならOKだわ。

でも配点が1問2点でないならわからない。

結局、合格発表までわからない。

 

問題文としてどうかなぁと思われるものを発見した。

救済されるといいのだけれど。

 

論述の速報や解説している所はないかと探したら、出題方法の問題点について書いているサイトを発見した。

1回目は事例で、答えるのは「してはいけないこと」だったのに、2回目は逐語記録で「職業能力開発」についてだから難易度が均一でない、と言いたいらしかった。

 

そうかな?

「決まった形式で出るわけではない問題」ということで良いのでは。

そもそも、「ここはこの形式で出るから、これさえやっておけばOK!」という対策が出来てしまう方が問題なのではないか?

(スクールはそれが謳い文句になるだろうけれど)

 

だってキャリアコンサルティングは100人いたら100通りあるわけで、来た球は打ち返すか、自分の範囲外だったらリファーするわけでしょう。出来るだけ、どんな球でも打てるようにした方が良いのでは?

 

結局自分の論述がどうだったのかはわからない。

記述式だとマークシートと違って、配点の10点、20点から何点もらえるか幅がありそうだしね。

 

面接こそ、当日はどういう設定でどんな話が出てくるかわからないし、大失敗でなければ合格ラインもよくわからないかも。まぁ結果発表まで待つしかないですな(まだ受けていないけど)。

| のぞみ | お勉強 | 21:23 | comments(0) | - | -
試験だった

本日、朝から学科試験、午後は実技試験のうち「論述」の試験。

ほぼ一日がかりだ。

 

学科は10:30から100分。

まぁ、G.G.の「宝石20石を4時間で鑑別」に比べれば楽な方だ。

4つの選択肢から1つだけ選ぶのも良い。産業カウンセラーの学科試験は、文章が5つあって「正解の組み合わせはどれか」みたいな問題ばかりだから合っているのか間違っているのかわかりにくい。

 

じゃあ楽勝だったのか、と言われればそうでもない。

協会のテキストと大学のテキストと両方見たが、どちらにも載っていないものも出てくる。

 

例えば第1回にも2回目の今回にも出てきたのが「プロティアン・キャリア 」(by ホール)。

でも第1回の問題を見て調べていたので、逆にこれが出来た。

 

あとは統計ね〜。

昨日あたり厚労省のサイトを見てみたが、そこは出ず。

動向はニュースをチェックしているだけでも比較的わかるけれど……。

と、結局はうっすら覚えているニュースと常識で判断してしまった。

 

試験会場は一応飲食禁止となっていたが、竹橋の辺りは日曜に開いているお店が少ないとのことで、会場内で昼食を取ることが許された。良かった。

地元のコンビニで買って持参したのだ。だって、近代美術館の帰りにどこかカフェでもないかな〜と調べたことがあったのだが、なかったもん。

 

午後からは実技のうち「論述」。

午前いた人がいなくなったり、午前の空席に人がいたりした。どちらかだけ受験すれば良いのは羨ましい。

 

論述の準備はしていなかったが、逐語記録だから出たとこ勝負。

第1回も問題のみ公表で、模範回答は無し。まぁ、わかるが。

これは50分。30分経ったら退出可能だったので、35分位で出てきたかな。

 

次は実技の「面接」。

終わったらご褒美にどこのケーキにしようかな。今日は我慢!

 

で、明日には回答が発表されるが、自己採点してみた。

う〜ん、ギリギリセーフか、ギリギリアウトか。つまりギリギリ。

次回の攻略は、人名⇔理論だな。やっぱりカルタを作るべきだったか……。

| のぞみ | お勉強 | 17:26 | comments(0) | - | -
「外国人おもてなし語学ボランティア」育成講座

7月に落ちたボランティア講座は区の主催だったが、元々は都の主催でそちらでも募集があったので申し込んだ。ただし、土日の開催は少なく、あっても遠い。

当たったら仕事を休もうと、軽い気持ちで申し込んだら当たった!こんな祝日の多い週に休みたくはなかったが、だから当たったのだろう、きっと……。

 

新宿でも遠い私が選んだのは、江戸東京博物館。

両国の駅でやたらとお相撲さんを見かけた。それもそのはず、国技館の前には幟がはためいていた。野球の結果ぐらいは調べることがあるけれど、大相撲はしないな、そういえば。

 

定員60名のクラス。

ロールプレイは2人1組、ディスカッションの時は4人1組。

 

スケジュールはこんな感じ。

オープニング スケジュール説明(5分)

動画2本視聴(10分)

外国人とのコミュニケーションに関する基礎知識

 .灰潺絅縫院璽轡腑麥呂鯔瓩(45分)

 知識や情報を駆使して問題解決する方法を学ぶ(45分)

 ボランティア・スピリッツについて学ぶ(45分)

まとめ(10分)

 

この講座を見つける過程で、受講した人のブログがあったので知っていたのだが、ディスカッションとロールプレイが中心。

 

もう一つの、語学から習得するコースだと英語も学ぶのだろうが、おもてなしコースは英語はある程度できる前提だから、実践に重きを置くのだろう。

 

アイスブレイクの自己紹介から英語だった。

英国へ留学していた女性、何か国もの海外赴任歴があって今はリタイアした男性、夫に帯同して米国で暮らしていた女性が同じグループ。

以前いた外資もそうだけど、こういう経験者ばかりの中に入る時の私は、ドメスティックでレアだったりする。

 

45分の各セッションでは、与えられたテーマでグループディスカッションして発表、それについての注意点等の解説があり、ロールプレイもする。

皆さん、色々な経験をされているので面白い。学生として、社会人として、帯同家族として、立場もそれぞれだしね。

 

男性はリタイア後の人が多いように思ったが、年齢層は幅広かった。

このボランティアを2019年度までに3万5千人育成するのが目標。今、何人だろう?これだけ倍率が高いので、講座が多ければあっという間に達成しそうなものだ。

 

同じグループだった男性は、7回目の挑戦だとか!

立川や八王子の抽選にことごとく外れ、多摩地方からこの東の果てまで来た人も!

そう思うと、2回目で当たった私はラッキーで、遠いとは言えない距離だ。

 

最後に登録証とバッジが交付された。

今後は、フォローアップ研修や、ボランティア同士の情報交換ができるような交流イベントがあるらしい。

 

ちなみにサイトはこちら。

「外国人おもてなし語学ボランティア」育成講座

 

今日の倍率は8倍!?

いかん、今年のクジ運を使い果たしたな……。

| のぞみ | お勉強 | 16:30 | comments(0) | - | -
目論見

平日の夜に映画館で映画を観ることにすっかり慣れた。

映画館でなくても、20時からのラジオを聴かない曜日は、配信の映画を観る絶好のチャンス。

 

今年はもう100本観てしまった(ここに挙げるのは映画館で観たものだけ)。大学生の2年間と、その後に試験を受けるまでは、映画をほとんど観ていなかったので、今になってその頃の分を観ている感じ。だからいいのだ!という言い訳。心理学や精神医学の勉強にもなってるしね、と更に言い訳。

 

しかし、そろそろ試験対策を始めないと。

9月中旬から、11月の試験の申込が始まるようだ。その頃には過去問題も出るだろう。

過去と言っても、試験(学科と論述)が今日ではないか!来週と再来週が実技の中の面接試験。8/11の研修で同じグループになった人が今回受けると言ってたな。Go for it!

 

で、映画のために2時間捻出するのが上手くなっているわけだ。

その2時間を勉強に使ったら、どれだけ学習できるか!ふっふっふ……。

| のぞみ | お勉強 | 20:13 | comments(0) | - | -
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
ブックオフオンライン


DHCオンラインショップ
ベルメゾンネット

懸賞・小遣い ちょびリッチ
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム