すっぴんで銀ぶら。

宝石鑑定士(俗称)だけど普通の会社員。
産業カウンセラー試験に合格!心理相談員にもなった!
国家資格となったキャリアコンサルタントにも合格!
頻度は減ったけど、旅人。
お茶やお華も嗜むけど(ホホホ)バイクも好き。
都会暮らしも、10年ちょっと。
そんな私のROCKでLOHASな日常生活を綴った日記っぽいものです。

ココナラでカウンセリングをしています!
https://profile.coconala.com/users/364859

***姉妹ブログ更新情報***
☆右下のリンクからどうぞ!☆
すっぴんで銀ぶら。〜Jewelry Box〜  2020/9/16更新!
すっぴんで銀ぶら。〜偏見グルメ〜   2020/9/19更新!
カウンセリング花笑み          2020/8/19更新!
CC更新講習 その4

今日は「中年期以降の転機への支援」、前回の円熟期とちょっと被るだろうか。

5講座なのに、同じ講師で3講座も取ってしまった。次回の更新は焦らずに、その辺もじっくり見なくては。

 

中年期は、身体の変化もあれば、職場や家庭での役割も変わってくる。

その変化を受容できずにいると、危機となる。

転機は危機とも機会とも捉えられる。機会と捉えて前向きに考えれば、新たな展望が見えるはず──というところか。

 

あとは色々な理論からの見立てや仮説に基づいてカウンセリングをするのだが、仮設通りにいくわけがないのが常。

 

講義の後で、事例研究を3つやってから、そのうちの1つを選んでロールプレイ。相談者役の時は、今抱えている案件に近い役を選んだ。事例では男性だったけど、産業カウンセラーの演習はリアル(自分の悩みそのものの相談)で行うのに対して、キャリコンは”演じる”ので問題ない。

 

10月はなくて、11月に技能講習最後の1講座と、知識講習をネット受講して終了。あとは更新のタイミングに気をつけなければ。90日前からの受付で、1カ月前には終わっていないといけないのだ。

 

キャリアについての国家資格と技能検定は、今後難易度が上がるらしい。

取ってから難易度が上がる分には構わないけど、更新講習も難しくなるのだろうな。

| のぞみ | お勉強 | 16:30 | comments(0) | - | -
やった

朝からPCに向かい、キャリコンの更新講習の最後の技能講習を予約。

これ、人気で前回はすぐ埋まったんだぁ〜。

 

サイトから予約して、届いたメールにある口座に振込んで先着12名。

そのぐらいの時間は、忙しい朝でもあるはず……いや、やらねば。

振込完了〜♪

 

開催が11月22日、連休中日の日曜日。

いい夫婦の日に何やってんだか。あ、何も関係なかった!

 

ちなみに帰宅後にアクセスしたら、まだ受け付けていた……。

| のぞみ | お勉強 | 20:12 | comments(0) | - | -
CC更新講習 その3

技能研修その3。今日は東京支部。

 

普段なら倍の人数を入れそうなところ、広い教室にゆったりと机を配置、長机1台に1人で向いの人との距離もある。ウイルス対策はバッチリだが、問題は声が届くかどうか。

 

さて、今日は「職業キャリアの円熟期」である。

円熟って何だっけ?しかし中高年だろうなという認識で取った。今後もっと中高年の退職が増えそうだし。

 

事前の課題がなく、案内メールを血眼で見たがやはりなかった。

レジュメを見て納得、事例研究とグループワークが主だった。それはそうだ、キャリアの棚卸やVPIは全員できるけれど、円熟期が未だの人もいるもんね。

 

4人テーブルのうち1人が前回ご一緒した方で、もう1人はその前に演習で一緒になった人だった。会場内にもちらほら、覚えている顔が見えた。

 

事例研究は、50歳ぐらいで「出向」「リストラ」「転職」など、ちょっと設定の時代は古そうだったが、そのまま今に当てはめてもそうだろうな、という感じだった。いつの世も同じよのぅ。

 

ロールプレイもあったのだが、お相手はEAPの会社でバリバリやってきた方。こういう所に来る人は、ロールプレイでは何か言うけれど、実は悩みなんて乗り越えている。

私はもともと悩みがなくて困るクチだが、それでもひねり出したものについて「心の底では気にしているのかも?」という指摘があった。それはそうなのかもしれない(←受容)。

 

最後にレポートを書いて各自発表して、講師は聞きながら採点する。

今回も全員合格だった。ホッ。

修了証を取りに行ったら、「はい、K田(仮名)さん」と名乗る前に手渡された。しまった、面が割れている……ナゼカシラ。

 

次回は「中年期以降の転機への支援」を取ったので、円熟期と少し似ているかもしれない。

過去2回は事前学習1hと当日6hで7hだったので、4講座取れば28hで、残り2hは実務(カウンセリング)にしようかと思ったのだが、今回は事前学習がなかったので6hだった。次も6hかも。

 

どこかに所属してカウンセリングをしている人は会社の証明書を出せば良いのだが、私は違うので、提出するとしたら個人との契約書だ。オンラインはダメで、対面のみ。バックデートでやってくれそうな人は複数いるが……う〜む、メンドクサ。やっぱりもう1講座取るか……女性にするか、メンタルにするか、悩み中。

| のぞみ | お勉強 | 16:30 | comments(0) | - | -
CC更新講習 その2

キャリアコンサルタント(CC)更新のための技能研修その2。

土日は一旦諦めたが、キャンセルが出たのか数席の再募集があった時に、すかさずゲット。

 

ただ、詳細がメールで届いたら、支部ではなく外部の研修施設だった。

そこは……最初の会社のグループ企業が運営しているので、社内研修がよく行われていて知っていた。というか、行ったこともある。こんな形で再会するとはね!

 

それにしても、昨日は都のコロナ感染者が466名に激増したから、延期かと思った。国家試験の更新講習だから、厚労省の指示に従っている、とサイトにあったので、勝手に中止や延期にできないのかな。それこそ緊急事態宣言でも出ないとダメなんだろうか。

 

受付を終えて席に行ってみたら、他の受講者との距離が近い。怖いわ。

ただ、いつもなら同じグループになった人とアイスブレイク的に雑談するところ、喋るのを控えてか、部屋が静まり返っている。

 

それはともかく、今日はセルフキャリアデザインだった。

事前課題は、キャリアの棚卸し。これは転職活動で何度も似たようなことをやってきたから、思い出すのは容易だ。

 

これを演習では4人グループ内で発表して質問を受け、他メンバーは承認する。そうすることで新しい気づきがあったり、自分の強みや弱みを認識できたりする。

人は自分のやってきた事を過小評価しがちだとか。特に、ずっと同じ仕事をしている人や同じ会社にいる人はそうかもしれない。

 

転職活動のレジュメ更新の中で、仲良くなったヘッドハンターがかなりこの辺を見てくれた。彼女には大感謝だし、キャリコン像として寄り添い方や言い方、良い点の見つけ方のお手本になっている面がある。今は社内のリクルーターとなったそうだ。

 

それで、自分の強み・弱みをSWOT分析して、またメンバーから意見をもらう。自分の強みを言った時に

「英語も強みじゃない?」

と言われて、当たり前に使っているものは気づきにくいのかなと思った。大体、今の職場では平均的な語学力が高すぎて、私の英語力は相対的に低い方かもしれないから、すっかり忘れていた。

 

10年後を見据えて、3年後、5年後のキャリアプランを立てていくのだが、コロナウイルスで先が見えないことも手伝って、これは皆さん苦慮していた模様。もちろん、元々この手のプランが苦手な私も更に苦慮。

ただ、プランも大事かもしれないけれど、状況に応じてしなやかに動ける柔軟性も必要だよね、という話も出た。

 

最後に、キャリアの自己理解の重要性について、レポートを書いて発表して終了。レポート発表を聞いて、講師が合否を判断して、合格ならレポートと引き換えに修了証が貰える。前回も今回もそうだったので、今後の同様の講座もそうなのだろう。

 

今、ココナラでキャリコンをしているケースにも利用できそうで、そういう意味でも役立つ講座だった。

| のぞみ | お勉強 | 17:44 | comments(0) | - | -
CC更新講習 その1

キャリアコンサルタント(CC)更新のための技能研修その1。

激戦すぎて土日が取れなかったので、非勤務日を充てた。

申し込んでいた講座がコロナのせいで中止になったという方もちらほら。そして皆さん一様に「取れないよねー!!」。中には別の支部の講座を予約したという方も!

 

会場は3〜4人に1テーブルで配置されて、5テーブル。

ロの字に長机が配置されているので、ソーシャルディスタンスは保てる。

 

事前課題は、自分のVPIのプロフィールを作ること。

学生時代に就職対策として実施した後は、産業カウンセラーの勉強中に一度実施したのみ。だから6〜7年経っているのか。

 

その時は、あまり「Y」に付くものがなかったこともあり、六角形のチャートは小さいものになった。どれといってあまり特徴はなかったものの、マネジメントに興味がないもので、Eが低かった。

 

それを踏まえて、今回は少しでも興味があれば「Y」をつけてみた。どうしてもないなと思うのは「N」に。

すると、輪が大きくなっただけだった……自分は何にでもなれると思っている中二みたいな結果。

 

演習の中でクライエント役だった時に(※演習は、VPIをやってみたがよくわからない、とクライエントがVPI結果を持ち込む設定)

「やってみたんですけど、どこが高いというわけでもない結果になってしまって(よくわからない)」

と訴えてみた。

 

が。人事の仕事も幅広い。

コツコツC的な仕事をすることもあれば、リサーチでIのこともある。もちろん、日常的にはSだし、ベンダーマネジメントはEかもしれない。経理のマダムから”職人”と呼ばれるのは、Rなのかも。

ジュエリーも、石の特性や化学が好きなのはIだろうし、デザインする時はAだ。

 

そう考えると、バラけるのは頷けるのかもしれない。

振り返りの時に、オブザーバーにも聞いてみたけど、理由がちゃんとしているからいいんじゃない?という感じだったので、これは良しとするか。

| のぞみ | お勉強 | 21:07 | comments(0) | - | -
朝から英会話

香港から上司の上司がやってきて、朝から「ちょっといい?」と呼ばれてずっと英会話だった。

間違っていても直してもらえない英会話……。

 

この人は若いけど凄くエライのに、直接下々の声を聞こうとしているので、私もいつもはベテランマダムを通して言って貰っているようなことも、一応直接伝えた。

 

(下々にも「これ、クリスマス特別仕様なのよ」と高級チョコを買ってきてくれるエライ人→)

ツリーは自前。

 

新しい給与ベンダーは、英語対応ができるから決めたと聞いたのに、どうやら話すのはダメみたい。先週ちょっと問題があって、この上司が直接話したいと言ったら、通訳付きだったそうだ。電話で通訳がいるのはちょっとストレスね。

 

別に私の英語も上手くはないし、咄嗟に気の利いた言葉は出ないけれど、以前英会話講師が「英語はボディランゲージが90%」と言っていたので、雰囲気で伝わっていればいいなぁ。

普段はメールなので、もともとタイピングは早かった上に、考えながら打つのも早くなった。

 

文法は中学・高校で習ったのが基礎で、大人になってから覚えたものではないと思う。私は文法が強いと言われたので、大人になってから通った英会話スクールでは、過去に習った文法を思い出して定着させただけという気がする。

 

SVとかSVOとかSVOOとかSVOCとか、型は大事。

型に当てはめるために、自動詞・他動詞の区別や品詞も重要。

中学の時はナンジャコリャと思ったけれど、後で思い返すと割とロジカルだとわかるよ、英語って。

 

グローバルには程遠い、百歩譲ってインターナナルな日本企業で英語を使っていた時に会ったヘッドハンターに、外資に入った後に会ったら

「K田さん(仮名)、英語うまなったな」(←英語だけどこんな感じ)

と言われた。やはりそういう環境に身を置くのが早いのか?

 

12/20公開のSTAR WARSに向けて、ヒアリング力もアップさせておかないと。Episode8でグダグダになった感のあるストーリーを、どんな風に回収するのか!?どんなカウンセラーも手こずりそうな、最凶メンタルの2人の行方は!?BB-8の更なる活躍は!?ポーグは!?楽しみだよねぇ。

| のぞみ | お勉強 | 21:13 | comments(0) | - | -
キャリコン登録手続き

必要書類を1/4に送ったら、1/16に登録料を支払うよう案内が届いた。思ったより早かった。

最初の必要書類は印紙で支払った(9,000円)が、登録料(8,000円)はカード支払いができるので便利。

 

2〜3週間待つと、登録証がやってくるはず。

混雑時は3〜4週間らしい。まぁ試験後だから混雑してるかな。

 

次の更新までにどれ位の活動をしないといけないのだろう。

資格が多くなるとそういうマネジメントも大変。似たような領域だったら単位互換を増やしてもらいたいものだ。

| のぞみ | お勉強 | 22:07 | comments(0) | - | -
葛藤の跡

時々、思いついたことをメモ代わりにwebメールの下書きに入れる。

そこに「キャリアコンサルの葛藤」というものがあった。

内容から察すると、キャリコンの受験資格を得るための講座(2016年3月)の申込前らしい。

 

産業カウンセラーの実技試験の際は、受かったらキャリアの方へと言った(シニア or キャリア)のに、実際カウンセラーを取ってみたら、精神医学に興味が出てしまい、シニアもキャリアも勉強が進んでいなかった。

勉強したのに結局社労士を受けなかったのは、この国家資格ができるから。

 

3月の講座を受けておけば5年間は国家試験が受けられるし、その講座は4月以降には実施されないのだが、3月後半の土日4日を潰して、43,200円の価値はあるのだろうか。

 

でも、とりあえず、受けておく?

4月以降は無いし、大学のテキストでもキャリアの部分は解決方法が今ひとつ不明確だったので、その勉強にはなるし、国家資格の一つも欲しいし。

 

ということで3月の講座を受け、8月は申込に間に合わなかったが11月の試験を受け、無事合格したので、今思えば結果オーライ。

「あれ?むしろキャリアの方が人事経験や転職経験が生きる?」

とあの講座で気付いたこともあった。

 

私にしてはメモしておくほど葛藤があったようだけれど、今まで通り「悩んだらやっとけば?」で良いらしい。

 

明日から仕事なので、郵便局や役所に行ってキャリコンの登録書類を送った。

収入印紙も、住民票も必要だった。おまけに簡易書留で送付。

24時間開いている局はちょっと遠いので、近い徒歩圏で済む平日に!

| のぞみ | お勉強 | 18:39 | comments(0) | - | -
試験結果の差

キャリコンの合格率を見てみた。

学科 77.2%

実技 74.3%

同時受験者 67.2%

 

平均点は

学科 74.6/100

実技 96.9/150

 論述 35.8/50

 面接 62.0/100

 

上記は私が受験したキャリア・コンサルタント協議会(結果詳細は→こちら)。

 

もう一つの試験実施機関である日本キャリア開発協会を見てみると…(結果詳細は→こちら)。

実技の合格率がかなり低い。平均点はさほど変わらないのに……。

受験者数はこちらの方が多い。

 

学科 74.8%

実技 59.4%

同時受験者 50.7%

 

平均点は

学科 74.5/100

実技 92.6/150

 論述 36.0/50

 面接 57.4/100

 

学科試験の問題は同じはずなので、似たような点数なのだろう。

だとしたら実力も同じぐらいではないのかな。なのに実技のこの差は…。

 

今後受ける方は、こういう事もご参考に。

私は合格後の指定登録機関もCC協議会なので、そちらで受けた。申し込んだ後で、第1回試験の比較(上記のような)を書いたブログを発見して、ちょっとホッとしたのだった。

 

でも受験機関によって差があるのだとしたら、どうなんだろう。

誰でも受けられる国家試験と違って、養成講座を修了していたり、相応の実務経験がないと受けられない試験なのに(そういう意味では合格率が高くて当たり前なのだ)。

 

昨夜の喜びを噛みしめつつ、今日が仕事納め。

同僚にはわざわざ言わなかったけど。

| のぞみ | お勉強 | 20:29 | comments(0) | - | -
キャリアコンサルタント

国家試験、合格☆

 

web上で合格発表されていたので、帰ったら確認しようと思ったら郵便も届いていた。

今更ジタバタしてもどうしようもないのだけれど、エレベーターに乗って、家に着くまでの間はドキドキで、コートを脱ぐ間も惜しんでまず封を開けた。

 

「キャリコンと名乗るには登録が必要です」という紙が同封されているのが見え、一部合格だったらこんな酷なことはしないだろう、とちょっと期待する。

 

学科は自己採点していたので、よほど特殊な配点でない限りは大丈夫かな、と思っていた。結局、正解数×2点ということで良いのだろうか。

 

実技の判定は

A:評価項目の満点の60%以上の得点

B:評価項目の満点の40%以上60%未満の得点

C:評価項目の満点の40%未満の得点

となっていて、一つでもCがあると、全体の得点が60%以上であっても不合格。全部Aだった。ホッ。

 

論述は大丈夫な気がしていたが、問題は面接試験。

特に指定のスタイルはなく(指定されても困るが)クライエントの前提条件が書かれた紙を見せられたのみ。

 

場面構成の指示もなく、そこが弱かっただろうか。あるいは、口頭試問で聞かれたあの部分の突っ込みが甘かっただろうか。

色々と思うところはあったので、次に受ける際にはその点を注意しようと思っていた。

 

次に受けなくていいんだ……。あ〜、良かった。

学科より実技の方が受験料が高いし、実技は論述と面接で2回行かないといけないし。

 

年明けに、この登録と心理相談員の更新をしよう。

| のぞみ | お勉強 | 21:26 | comments(0) | - | -
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ブックオフオンライン


DHCオンラインショップ
ベルメゾンネット

懸賞・小遣い ちょびリッチ
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム