すっぴんで銀ぶら。

宝石鑑定士(俗称)だけど普通の会社員。
産業カウンセラー試験に合格!心理相談員にもなった!
国家資格となったキャリアコンサルタントにも合格!
頻度は減ったけど、旅人。
お茶やお華も嗜むけど(ホホホ)バイクも好き。
都会暮らしも、10年ちょっと。
そんな私のROCKでLOHASな日常生活を綴った日記っぽいものです。

***姉妹ブログ更新情報***
☆右下のリンクからどうぞ!☆
すっぴんで銀ぶら。〜Jewelry Box〜  2020/3/11更新!
すっぴんで銀ぶら。〜偏見グルメ〜   2020/4/5更新!
カウンセリング花笑み          2020/2/19更新!
<< 青空市場(次とその次) | main | 親次第 >>
鬱の力
今日はGちゃんがお休みの日だったので、食堂でとっとと食事をしてから外に行き、木陰で読書。ん〜、なんて余裕OL。
読んでいたのは、昨日買った本。

 鬱の力

五木寛之×香山リカ、この取り合わせも面白そうだったし、
『この時代「鬱」になるのは優しいことの証ではないか』
という一節を聞いて興味を持ったのだ。

暗いニュースばかりのこの時代、「ちょっと鬱」ぐらいが正しいんじゃないか。思わずため息をついてしまうのは、まだその人が人間らしい証拠では。そこから、うつ病と、人間本来の『鬱』という感情は分けなければ、という話に。

詳しくは本を読んでネ☆なのだが(実はまだ読み終わっていない)昨今はうつ病の診断を下しすぎているという話も出てくる。

それは本当にそう思う。
精神専門でもない医者がそういう類の薬を処方して、本人が副作用で苦しんでいるのを見て、本当にその薬は必要なのか?と疑ったことが何度もある。
専門家のカウンセリングで済んだかもしれないんじゃ?と。
私もメンタルのドクターの所へ行ったけど、治療が必要ですとは言われなかった。
突発性難聴や眩暈、吐き気はストレス反応で、ストレッサーはダメ男だ、と断定してもらって目的は達した。

会社提携のドクターで、ダメ男と体調不良の因果関係がありそうなことが立て続けにあったから、「そうですよね?」と聞きたかった。
会社を通じて利用することで、ダメ男を雇っているとこんな災害が出るんだよ!と知らしめる目的もあった。

でも、これが自力で心療内科や精神科にかかったとしたらどうだったろう。
前述のドクターのように、話を聞いておしまいだったかもしれない。
もしかしたら「とりあえず」って抗うつ剤が処方されたかもしれない。
それがベストなのか、患者には判断できないよね。

今回の件では、色々学んだ。
ストレスから体調の悪くなる様は、手に取るようにわかった。
(手に取るようにって、本人なんだけど^^;)
こうして人は、心を病んでしまうんだな、とも思った。

メンタル疾患に陥りやすいタイプというのはあるのかもしれないけど、この楽天的な私でもキャパを超えればなるんだわ、とわかった。
けど、「ストレス」「メンタル」という言葉に逃げ込んでいる人も多いと思う。

同じ人事の分野でも、もう少し労務の方もやってみようかな、とも思えた。
うつ病の派遣社員出た時も、上司を始め誰も正しい対処ができず、腫れ物に触るように接していたけど、知識があればもっと違う方法もあったのかな…。

どうでもいいことだが、香山リカはchachaと同い年だ。

[追記]
夜、読み終わった。
対談だし、字間・行間も結構空いているので、この程度で読める。
(往復の電車で30分、昼休み40分、夜30分位?)
ちなみに読むのは早い方。元々早い上に、速読のトレーニングもした。
| のぞみ | お勧め☆ | 20:41 | comments(0) | trackbacks(0) | -









トラックバック機能は終了しました。
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ブックオフオンライン


DHCオンラインショップ
ベルメゾンネット

懸賞・小遣い ちょびリッチ
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム