すっぴんで銀ぶら。

宝石鑑定士(俗称)だけど普通の会社員。
産業カウンセラー試験に合格!心理相談員にもなった!
国家資格となったキャリアコンサルタントにも合格!
頻度は減ったけど、旅人。
お茶やお華も嗜むけど(ホホホ)バイクも好き。
都会暮らしも、10年ちょっと。
そんな私のROCKでLOHASな日常生活を綴った日記っぽいものです。

***姉妹ブログ更新情報***
☆右下のリンクからどうぞ!☆
すっぴんで銀ぶら。〜Jewelry Box〜  2020/3/11更新!
すっぴんで銀ぶら。〜偏見グルメ〜   2020/4/5更新!
カウンセリング花笑み          2020/2/19更新!
<< ゲティ家の身代金 | main | ピーターラビット >>
和小物を作ろう

2011年の下書きが残っていたので、今更投稿。

もう、松坂屋はGINZA SIXだし、貴和製作所はKIRARITO GINZAに移ったし。色々変化を感じますのぅ。

 

着物を着るようになると、和のアクセサリーも欲しくなるじゃぁございませんか。

というわけで、とりあえずちりめんの端布を買ってみた。
最初は一番左のだけだったんだけど、色々な所に色々なヒントがあり、色が違う物や、単色の物も買い足し・・・。

で、恐らく1年ぐらいはそのまま寝かせてしまったこれらを、そろそろ熟成もいいだろうと細工してみることに。

ある時ふと気付くと貴和製作所が松坂屋に入っていた。
マロニエゲートのハンズ、メルサのユザワヤマイスター、そしてここ。
銀座の手作り店もかなり便利に☆

で、シャワー台をいくつか買った。

まずは帯留め。
 
ピンクのと黒のをそれぞれ5×15cm位に切って、市松にして縫い合わせ、黄色いちりめんの芯に捻りながら巻き付けて、下側で縫い止めた。緑のちりめんで葉を作ったのも縫い止めてから、シャワー台に縫い付けて、下の金具を付けて完了。

こんな感じのものが、若向けの呉服屋で2,800円だか3,800円だかで売ってたんだよね。その金額だと「なら作るわ」派と「なら買うわ」派に分かれるところかもしれないが。

これのミニチュアでピアスを作ろうと思ったけど、さすがに細かいので諦めた。

これは買ったもの。
針金が入っていて、フリーサイズで指にくるくる巻くリング。

御徒町の丹青堂で、¥400。
前に行った時は沢山あったのに、大分売れたよう。
やっぱり、ふと目についた時に買わないとね。

| のぞみ |  −着物 | 15:20 | comments(0) | trackbacks(0) | -









トラックバック機能は終了しました。
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ブックオフオンライン


DHCオンラインショップ
ベルメゾンネット

懸賞・小遣い ちょびリッチ
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム