すっぴんで銀ぶら。

宝石鑑定士(俗称)だけど普通の会社員。
産業カウンセラー試験に合格!心理相談員にもなった!
国家資格となったキャリアコンサルタントにも合格!
頻度は減ったけど、旅人。
お茶やお華も嗜むけど(ホホホ)バイクも好き。
都会暮らしも、10年ちょっと。
そんな私のROCKでLOHASな日常生活を綴った日記っぽいものです。

***姉妹サイト更新情報***
☆右下のリンクからどうぞ!☆
すっぴんで銀ぶら。〜Jewelry Box〜  2019/1/21更新!
すっぴんで銀ぶら。〜偏見グルメ〜   2019/1/26更新!
花笑み(カウンセリング用のブログです)2018/10/29更新!
<< 温州みかんのマーマレード | main | 秋刀魚のトマト煮 >>
左京区七夕通東入ル
左京区七夕通東入ル/瀧羽 麻子
小学館

京大青春キャンパス小説といったらいいか。
残念ながら、京都は観光でしか行ったことがないので、生活圏はあまりわからなかったけれど、学生の青春恋愛模様っていいなー!

というのも、私が通った学校というのは共学だったものの、私の専攻は女子のみ。大教室での‘証券市場論’みたいな授業は男子もいたけど、普段の授業は女子校状態。

当時の住みたい街ベスト3ぐらいにはいつも顔を出す街にあったからか、他校の男子からはダンパ(今や死語?)の誘いは良くあったんだけど、入学の前年ぐらいに何やら事件があったらしく、学校からは厳しく止められてたっけ。

この小説も出会いは合コンだけど、合コンは後で三角関係に巻き込まれた苦い経験しかないな〜。その時に「やっちまった」子は、結局卒業旅行に行く人もいなかったんじゃなかろうか。

こんな学生生活なら楽しそう、という羨望の眼で読んだ。
まぁ、学生同士の爽やかなお付き合いができなかったのは、大人好きなので、社会人と付き合ってたところにもあるんだけど^^;

これが連載されていた、小学館の『きらら』とは何ぞや?と調べると、定期購読誌。最近話題で読みたいと思っている『謎解きはディナーのあとで』もここの連載。
そして、いつかはきらら文学賞に応募か?
| のぞみ | | 19:26 | comments(2) | trackbacks(1) | -
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
| 藍色 | 2012/12/19 12:19 AM |
藍色さん、はじめまして。
古い記事を見つけて頂いて、ありがとうございます。
ブログちらりと拝見しましたが、カテゴリーの数だけでも凄いですね。
今度時間のある時にまた訪問させて頂きます。
| のぞみ | 2012/12/19 11:01 AM |









http://blog.esperanza.ciao.jp/trackback/824688
「左京区七夕通東入ル」瀧羽麻子
七月七日にわたしたちは出会った。 京都での学生生活も4年目。主人公の花は思いがけないことをきっかけに、友人のアリサから合コンに誘われる。 三条木屋町の店にひとり遅れて現れた男子は、その場にそぐわ...
| 粋な提案 | 2012/12/19 12:17 AM |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
ブックオフオンライン


DHCオンラインショップ
ベルメゾンネット

懸賞・小遣い ちょびリッチ
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム