すっぴんで銀ぶら。

宝石鑑定士(俗称)だけど普通の会社員。
産業カウンセラー試験に合格!心理相談員にもなった!
今後どうしようかな?
頻度は減ったけど、旅人。
お茶やお華も嗜むけど(ホホホ)バイクも好き。
都会暮らしも、丸10年。
そんな私のROCKでLOHASな日常生活を綴った日記っぽいものです。

***姉妹サイト更新情報***
☆右下のリンクからどうぞ!☆
すっぴんで銀ぶら。〜Jewelry Box〜  2017/9/9更新!
すっぴんで銀ぶら。〜偏見グルメ〜   2017/9/9更新!
<< 秋刀魚のトマト煮 | main | bで英会話 その34 >>
危機的体重
ベスト体重とマイナス2kgほどの間をウロウロしていたけど、とうとうそれも下回ってしまった。いかんいかん。
人間の身体には恒常機能があって、±2kgぐらいなら自分でどうにか戻そうとする、と聞いたけど、減った体重で「あ、これでいいんだ?」と思われたらたまらない。

原因は恐らく夏に遡る。
2010年の夏が暑すぎて運動出来ず、筋力が落ちているんだと思う。
暑さから片頭痛の激しい発作もあった。これは仕方ないと先生に言われた。
秋は夏の疲れとストレスがピークで、11月の病欠に至るわけだ。

今春は花粉の飛散量が多いということで、暖かくなっても外出は控えたい。
せめて家の中でと思って、最近はアンクルウェイト(片足1kg)を装着。
時々リストウェイト(片手500g)も付けけど、これはあんまりやると腱鞘炎になるのでほどほどにして、掃除機をかける時や洗濯物を干す時だけ。

出掛ける時に外すと、いきなり足取りが軽くなって楽しい。
初日だけ腰痛になって運動不足を実感したけど、その後は大丈夫みたい。
筋力をつけねば!
 
ちなみにベスト体重は、いわゆる美容体重ってやつ。
(身長−100)×0.8
BMIだとやや低めとなるけど、運動してない女性はこの位なんじゃないかねぇ?
算出式だけでなく、運動していた頃の一番動き易い体重がこれだった。2kgも増えると、足首の靭帯断裂跡が痛むから気付く。だから足首の筋力がと〜っても増えない限り(可能性少)私の体重も増えないはず。
| のぞみ | 美容・健康 | 11:15 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://blog.esperanza.ciao.jp/trackback/824695
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ブックオフオンライン


DHCオンラインショップ
ベルメゾンネット

懸賞・小遣い ちょびリッチ マクロミルへ登録
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム