すっぴんで銀ぶら。

宝石鑑定士(俗称)だけど普通の会社員。
産業カウンセラー試験に合格!心理相談員にもなった!
国家資格となったキャリアコンサルタントにも合格!
頻度は減ったけど、旅人。
お茶やお華も嗜むけど(ホホホ)バイクも好き。
都会暮らしも、10年ちょっと。
そんな私のROCKでLOHASな日常生活を綴った日記っぽいものです。

***姉妹ブログ更新情報***
☆右下のリンクからどうぞ!☆
すっぴんで銀ぶら。〜Jewelry Box〜  2020/3/11更新!
すっぴんで銀ぶら。〜偏見グルメ〜   2020/4/5更新!
カウンセリング花笑み          2020/2/19更新!
<< 流星の絆 | main | いらつく二人 >>
MBAが会社を滅ぼす
MBAが会社を滅ぼす マネジャーの正しい育て方
MANAGERS NOT MBAs
ヘンリー・ミンツバーグ
日経BP社(2006年)

『ダメな会社ほど、ビジネススクール出身者が目立つのはなぜだろう?』という帯と、その真実味に読んだ気になっていたが、未だだった。

ここ数年で面白かったことの一つが、それ関連。
ソコでMBA取ったからどうなの?という人が
「この本、知ってますか〜?」
とニコニコしながらこの本を掲げて同僚に話しかけてきて、彼女と周囲はは絶句したそうだ。アンタだよ!!

『自信−能力=傲慢』
『(MBA取得者は)頭がよすぎて、せっかちすぎて、自信満々すぎる』
『最も優秀なマネジャーは、自分の頭でものを考える。(略)
 一方、最も無能なマネジャーは、コピーする』
拍手!

周囲のMBAホルダーが、どうしてスピードだけ求めて、数字に固執し、いつも自信満々で上から目線なのか、理解できた。数字しか見ないから人の気持ち(顧客ですら)なんて考えないし、限られた時間でそれっぽい物が出てくると良しとしてしまい、それが良かったのかどうか振り返らない。絵空事を語るのは得意だけど、「どうやって?」の答えは思いつかない(実務知らない)から「いいからヤレ、とにかくヤレ」だ。
MBAホルダー達と付き合う上では、もっと早くに読んでおくべきだったかも?

本書では「日本のマネジャー育成は違う」(終身雇用で育てていくから)と書いているが、それも失われつつあるのが残念かも。
前半の「何故ダメなのか」だけ読んで、後半の「ではどういう教育であるべきか」は読み飛ばそうと思ったら、やはりこちらの方が実践的で面白かった。
| のぞみ | | 11:58 | comments(0) | trackbacks(0) | -









トラックバック機能は終了しました。
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ブックオフオンライン


DHCオンラインショップ
ベルメゾンネット

懸賞・小遣い ちょびリッチ
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム