すっぴんで銀ぶら。

宝石鑑定士(俗称)だけど普通の会社員。
産業カウンセラー試験に合格!心理相談員にもなった!
国家資格となったキャリアコンサルタントにも合格!
頻度は減ったけど、旅人。
お茶やお華も嗜むけど(ホホホ)バイクも好き。
都会暮らしも、10年ちょっと。
そんな私のROCKでLOHASな日常生活を綴った日記っぽいものです。

***姉妹ブログ更新情報***
☆右下のリンクからどうぞ!☆
すっぴんで銀ぶら。〜Jewelry Box〜  2020/4/27更新!
すっぴんで銀ぶら。〜偏見グルメ〜   2020/5/30更新!
カウンセリング花笑み          2020/5/12更新!
<< 有難いサービス | main | 確定申告 >>
二月大歌舞伎(昼)

歌舞伎座百三十年

松本幸四郎改め 二代目 松本白 鸚

市川染五郎改め 十代目 松本幸四郎 襲名披露

松本金太郎改め 八代目 市川染五郎

 

二月大歌舞伎

 

昼の部

 

一、春駒祝高麗(はるこまいわいのこうらい)

工藤祐経
曽我五郎
大磯の虎
喜瀬川亀鶴
化粧坂少将
曽我十郎
小林朝比奈
梅玉
芝翫
梅枝
梅丸
米吉
錦之助
又五郎
開幕を祝う曽我物の舞踊

 初春を迎えた工藤祐経の館に乗り込んだ曽我十郎と五郎の兄弟。春駒売りに身を窶(やつ)し賑やかに踊ってみせます。そして、親の仇である工藤と対面しますが…。
襲名の幕開きを祝うにふさわしい華やかな舞踊が舞台を彩ります。

歌舞伎美人より)

舞踊だったな、と思って「ほうおう」は読まずに開演前を過ごした。

大セリで梅玉さんと綺麗どころが上がってきて、目の保養じゃ!と大喜び。

 

今月は両花道で、上手の花道から朝比奈みたいなのが出てきて、ようやく曽我物だったと思い出す。すると綺麗どころは、大磯の虎や化粧坂少将なわけだ。梅丸くんが可愛いな♡米吉くんは少し貫禄が出たような?

芝翫&錦之助の五郎・十郎も良かったな。

[11:00〜11:16]

 

二、一條大蔵譚(いちじょうおおくらものがたり)

 

檜垣
奥殿

一條大蔵長成
常盤御前
お京
吉岡鬼次郎
茶亭与市
女小姓
八剣勘解由
鳴瀬
染五郎改め幸四郎
時蔵
孝太郎
松緑
橘三郎
宗之助
歌六
秀太郎
阿呆の姿に隠された真の思い

 平家全盛の世、夫源義朝を亡くした常盤御前を妻に迎えた一條大蔵卿は、その阿呆ぶりが世間でも広く知られています。大蔵卿の館に潜り込んでいた源氏方の吉岡鬼次郎は、源氏再興の思いをなくした様子で楊弓に興じてばかりいる常盤を打ち据えます。しかし、常盤の振る舞いには訳があり、そこへ大蔵卿が勇ましい姿で現れると…。
義太夫狂言の大役を、新幸四郎が襲名披露狂言にて勤めます。

歌舞伎美人より)

これは好きな演目だし、品を保って阿呆を演じるという難しい役なので、楽しみにしていた。

大蔵卿は良かったのだけれど、棒読み鬼次郎…。鳴瀬はもう少し、中年(と思える演技のできる人)が良いな。

[11:31〜13:00]

 

三、歌舞伎十八番の内 暫(しばらく)

 

鎌倉権五郎
鹿島入道震斎
那須九郎妹照葉
成田五郎
小金丸行綱
加茂三郎
桂の前
大江正広
埴生五郎
荏原八郎
足柄左衛門
東金太郎
局常盤木
宝木蔵人
加茂次郎
清原武衡
海老蔵
鴈治郎
孝太郎
右團次
彦三郎
坂東亀蔵
尾上右近
廣松
弘太郎
九團次
男女蔵
市蔵
齊入
家橘
友右衛門
左團次
魅力あふれる荒事の代表作

 早春の鶴ヶ岡八幡宮、威厳を誇る清原武衡に対して、加茂次郎義綱が不遜な振る舞いを非難すると、武衡は義綱の首を刎ねるよう命じます。そのとき、「しばらく」と大音声がかかると鎌倉権五郎が颯爽と登場し…。
権五郎が見せる元禄見得や、幕切れの豪快な六方は大きなみどころです。歌舞伎十八番らしい荒事をお楽しみいただきます。

歌舞伎美人より)

これこれ、歌舞伎らしいよねぇ。

照葉の化粧がちょっと変なのと、赤っ面の時事ネタアドリブが無かったのが残念だけど、その分権五郎が襲名披露らしい事を言ったから良しとしよう。


『暫』は何度も観た気がしたのだが、実は今日が2回目だった。

『女暫』を3回観たから、混ざったかな。

[13:30〜14:25]

 

本日はここまで。『井伊大老』はいつも寝てしまう……。

 

北條秀司作・演出

四、井伊大老(いいたいろう)

井伊大老
お静の方
昌子の方
宇津木六之丞
老女雲の井
仙英禅師
長野主膳
吉右衛門
雀右衛門
高麗蔵
吉之丞
歌女之丞
歌六
梅玉
未曾有の国難に立ち向かう男の心情

 時は幕末。開国を決断し、暗殺の危機に晒される大老井伊直弼。雛祭りを控えたある日、直弼の側室お静の方のもとに旧知の仲である仙英禅師が訪れ、直弼に危機が迫っていることを伝えます。自らの死すべき運命を覚った直弼は…。
桜田門外の変までの井伊直弼とお静の方との情愛を、繊細な心情描写で描く名作をご堪能いただきます。

歌舞伎美人より)

[14:45〜15:40]

| のぞみ |  −歌舞伎系 | 15:40 | comments(0) | - | -









 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
ブックオフオンライン


DHCオンラインショップ
ベルメゾンネット

懸賞・小遣い ちょびリッチ
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム