すっぴんで銀ぶら。

宝石鑑定士(俗称)だけど普通の会社員。
産業カウンセラー試験に合格!心理相談員にもなった!
国家資格となったキャリアコンサルタントにも合格!
頻度は減ったけど、旅人。
お茶やお華も嗜むけど(ホホホ)バイクも好き。
都会暮らしも、10年ちょっと。
そんな私のROCKでLOHASな日常生活を綴った日記っぽいものです。

***姉妹サイト更新情報***
☆右下のリンクからどうぞ!☆
すっぴんで銀ぶら。〜Jewelry Box〜  2019/5/12更新!
すっぴんで銀ぶら。〜偏見グルメ〜   2019/6/29更新!
花笑み(カウンセリング用のブログです)2019/5/6更新!
<< 連休明けに行く人はそういないと思ったら | main | 紫のクローバー >>
とりあえず大丈夫だった

小腸カプセル内視鏡には変なモノは映っていなかったそうだ。良かった。

 

診察室に呼ばれると

「今日は学生さん同席でお願いします」

後ろに離れて座っていた。大学病院ならではだね。

 

「その後いかがですか?」

「カプセルの確認ができませんでした…」

「最後に映っていたのが大腸だったので、多分出ているとは思うんですけどね。X線撮ります?」

「念のため、お願いしたいです」

「わかりました。じゃあこれから降りてもらって、終わったら受付に声かけて下さい。先に言うと、小腸は大丈夫です」

 

ホッとしつつ、1Fの放射線科へ向かう。

ここは先日CTを撮ったところだが、X線は裏側だった。ま〜、凄い人。54分待ちって……。

 

実際、54分も待たなかった気はするが、番号が呼ばれるまで待つしかない。それで呼ばれてみたら、またイケメンか。何なのこの病院(再び)。

X線は撮るだろうと思って金具のないものを着ていたので、着替えは楽々。

 

1つのX線室に対していくつか更衣室がついていて、外来だと更衣室から呼ばれる。検査着に着替えたら検査室の方へ出てきてね〜という感じで、なかなかシステマチック。

撮影が終わったら更衣室に戻って、今度は廊下へ出ていく。

 

上に戻って、外来受付にX線終了の旨を申告。診察は3人待ち。

再度呼ばれると、学生くんが消えていた。昼食?

X線の結果、カプセルはいなかった。あと、2月にポリープを取った時に打ったクリップもなくなっていた(ちょっとその確認もしたかったのだ)。

 

ポイツ・ジェガース型ポリープが1つ見つかっても、家族歴なし、色素沈着なしでは、ポイツ・ジェガース症候群だと言えないし、かといって、そうではないとも言えないらしい。ただ、今後発生するリスクはあるので、ポリープがあれば取るし、合併症の癌を早期発見するよう検査するしかない模様。

 

1月に胃、2月に大腸の内視鏡をやったので、まずは半年後にそれぞれ内視鏡。

「両方一度にできないものなんですか?」

すぐいっぺんに済ませようとする私。同日に検査している病院もあるし。

 

「ポリープを取る可能性があることを考えると、別の日の方が良いです」

なるほど。単なる健康診断ではないから、可能性は高いか。

 

「消化器──胃・小腸・大腸・膵臓はウチでやりますので、乳腺と子宮は受診された所で『こういう診断が出たので』と、ちょっと気をつけて診てもらって下さい」

「先生、膵臓って何でわかるんですか?なんか膵臓がんを宣告された人が助かったって話を聞かないんですけど……」

「CTで造影剤が使えないので、超音波検査やMRIを組み合わせるのが良いでしょう」

 

というわけで、7月に…恐伺箸MRI、皮膚科と上部消化管内視鏡、8月に大腸内視鏡となった。

7月は土曜日に集めてもらったが、大腸内視鏡はこの先生が執刀…じゃなくてなんて言うんだろう、やって下さるということで平日。胃内視鏡もオダジョー先生に当たる可能性がなくはないかも?

 

子供の頃から掌にホクロとも違う何かがあって、それがポイツ・ジェガース症候群の色素沈着の写真と似ていたが、いつの間にかなくなっていたので現物がなくて残念。

そういう目で見ると足裏などにも何かあり、ちょっと見てもらったら特徴的ではないとされたが、一応皮膚科の先生にも診てもらうことになった。

 

「一般的な健康診断で血液検査はしていると思いますが、腫瘍マーカーも見ておくので、今日は採血してからお帰り下さい」

廊下を延々歩くと、まだ診察室が沢山あって、その裏側に診察室と検査室があり、その一角が採血だった。広い。ここでまた、採血待ち。

時間がかかってしょうがないとこぼしている人もいたが、一か所で済むのは有難いけどなぁ。

 

最後に、総合サポートセンターという所に行って、検査の説明を受ける。

胃の内視鏡が経口というだけで、それ以外はどこかで受けた検査なのでまぁ大丈夫だろう。一番の問題は朝食抜きである。夏だし、熱中症になりやすいし。

 

会計を済ませて帰宅。

小腸カプセル内視鏡って、他院のサイトで保険適用でも(3割負担で)3万円位と書いてあるところが多く、カプセルを飲んだ日にそれ位になるのかと思ったらもっと安くて、じゃあ解析後に検査結果を聞く時に払うのかと思ったらそうでもなく、どうしてだろう。検査食やダミーカプセルは無かったとはいえ、それでそんなに料金違わないよね……。

 

さ、今日最後のミッション。

小腸にポリープがなかったら、調べておいたお店でケーキを買う。

 

次のミッションは、腹部超音波検査は絶対お腹を見せるわけで、イケメン技師やカワイ子ちゃん技師かもしれないから、7月までにウエストシェイプだっ!

| のぞみ | 美容・健康 | 14:10 | comments(0) | - | -









 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ブックオフオンライン


DHCオンラインショップ
ベルメゾンネット

懸賞・小遣い ちょびリッチ
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム