すっぴんで銀ぶら。

宝石鑑定士(俗称)だけど普通の会社員。
産業カウンセラー試験に合格!心理相談員にもなった!
国家資格となったキャリアコンサルタントにも合格!
頻度は減ったけど、旅人。
お茶やお華も嗜むけど(ホホホ)バイクも好き。
都会暮らしも、10年ちょっと。
そんな私のROCKでLOHASな日常生活を綴った日記っぽいものです。

***姉妹ブログ更新情報***
☆右下のリンクからどうぞ!☆
すっぴんで銀ぶら。〜Jewelry Box〜  2020/3/11更新!
すっぴんで銀ぶら。〜偏見グルメ〜   2020/4/5更新!
カウンセリング花笑み          2020/2/19更新!
<< 子燕 | main | 追加吸入 >>
三人の会

三人の会

 

2019年6月29日(土)

12:20開場/13:00開演/17:50終演

GINZA SIX地下3階 観世能楽堂にて

 

今回は、行きつけの呉服屋の店員ちゃんの先生(谷本健吾氏)出演ということで取ってもらったもの。

 

私の同伴者はお能初体験の、中学からの友人2人。この頃は4人で仲が良かったのだが、1人は興味ありつつもどうしても都合がつかず、涙を飲んだ。

 

仕舞  小袖曽我  谷本康介 谷本悠太朗

能   求塚    谷本健吾 坂口貴信 安藤貴康

 −20分休憩−

狂言  昆布売   野村萬斎 野村裕基

一調  笠之段   坂口貴信 亀井忠雄

仕舞  白楽天   観世銕之丞

    井筒    梅若紀彰

 −10分休憩−

能   融 舞返   川口晃平

 

初めて、全部覚醒していた。

始めのお能は2時間もあったことに驚いた。それだけ惹き込まれていた。

 

お能マニアの店員ちゃんと、前回のお能の時に地獄の話をして、二人してそれぞれ地獄の勉強をしておいたのが役立った。

 

今回は、二人の男性に言い寄られた女性が、あの鴛鴦を射た方と付き合いますと言ったら二人とも当ててしまい、決着しないわ無実の鴛鴦を殺してしまったわで苦しんで入水して、その女性を塚に埋めたらそれを聞きつけた男性が差し違えたという因縁の塚が舞台なので、当然女性は地獄に堕ちている。

鴛鴦なんて鉄鳥となって頭をつついているんだよ。

でも、二人から言い寄られただけで罪というのは、八方美人な振る舞いをしていたならともかく、そうでもなければちょっとお気の毒な気もする。

 

で、狂言でクスッ。

また野村萬斎親子だったが、親子出演は珍しいと聞いた。ラッキーな2回目。

萬斎さんは忙しく、4年前からブッキングしないと無理らしい。

 

「亀井忠雄先生がノリノリだと、『求塚』と次の一調で衣装チェンジがあるかもしれません」

と聞いていたのでそれもチェック。変わった!

 

人間国宝で、能楽師と歌舞伎囃子方の一家。次男の田中傳左衛門さんは近くに住んでいるらしく、よく見かける。

 

最後の『融』は栄えていた頃を懐かしむという感じで、今はいない人が出てきて語るという意味では最初のと構成は似ている。歌舞伎だったらすっぽんから出入りするから消えるのも簡単だけど、お能はどうしても橋掛かりを帰るしかないよね。

| のぞみ | 美術・芸術 | 17:50 | comments(0) | - | -









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ブックオフオンライン


DHCオンラインショップ
ベルメゾンネット

懸賞・小遣い ちょびリッチ
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム