すっぴんで銀ぶら。

宝石鑑定士(俗称)だけど普通の会社員。
産業カウンセラー試験に合格!心理相談員にもなった!
国家資格となったキャリアコンサルタントにも合格!
頻度は減ったけど、旅人。
お茶やお華も嗜むけど(ホホホ)バイクも好き。
都会暮らしも、10年ちょっと。
そんな私のROCKでLOHASな日常生活を綴った日記っぽいものです。

***姉妹ブログ更新情報***
☆右下のリンクからどうぞ!☆
すっぴんで銀ぶら。〜Jewelry Box〜  2020/3/11更新!
すっぴんで銀ぶら。〜偏見グルメ〜   2020/4/5更新!
カウンセリング花笑み          2020/2/19更新!
<< 素敵な日曜日の夜 | main | ピピピピ… >>
不思議の国のアリス(トーベ・ヤンソン版)

不思議の国のアリス(トーベ・ヤンソン版)

 

ルイス キャロル(著)

トーベ ヤンソン(イラスト)

村山 由佳(訳)

KADOKAWA/メディアファクトリー(2006/2/28)

 

トーベ・ヤンソン挿絵のアリスだ!と手に取ると、村山由佳訳とある。あの村山由佳?と表紙をめくると、やはりあの《天使の卵》の。

 

読み慣れた訳ではないので「こんなだったかな?」と思う場所もしばしばあり、翻訳も子供ながらに(子供だからこそ?)影響力があるんだなぁと思った。

なんでも、アリスがお話を聞いているうちにウサギ穴に落ちてしまうので、お話を語っているような口語にしたのだそうだ。

 

ルイス・キャロルの言葉遊びを訳すのは難しそうだよね〜。

トーベ・ヤンソンの挿絵は、ムーミンとはまた違った感じ。アリスの世界のシュールさには良く合う。

| のぞみ | | 21:26 | comments(0) | - | -









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ブックオフオンライン


DHCオンラインショップ
ベルメゾンネット

懸賞・小遣い ちょびリッチ
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム