すっぴんで銀ぶら。

宝石鑑定士(俗称)だけど普通の会社員。
産業カウンセラー試験に合格!心理相談員にもなった!
国家資格となったキャリアコンサルタントにも合格!
頻度は減ったけど、旅人。
お茶やお華も嗜むけど(ホホホ)バイクも好き。
都会暮らしも、10年ちょっと。
そんな私のROCKでLOHASな日常生活を綴った日記っぽいものです。

***姉妹ブログ更新情報***
☆右下のリンクからどうぞ!☆
すっぴんで銀ぶら。〜Jewelry Box〜  2020/3/11更新!
すっぴんで銀ぶら。〜偏見グルメ〜   2020/4/5更新!
カウンセリング花笑み          2020/2/19更新!
<< ついでがついでを呼んで | main | 試練 >>
ラスト・クリスマス

ラスト・クリスマス

LAST CHRISTMAS

 

監督:ポール・フェイグ

 

2019年/イギリス

TOHOシネマズシャンテにて [103分]

 

原案がエマ・トンプソンでプロデューサーでもあり、出演も。

友人で大ファンでもあったジョージ・マイケルに「ラスト・クリスマスを映画にしたい」と了承を得て脚本に取り掛かったが、彼の死に間に合わなかった。

 

もうね、彼の訃報はある種のトラウマ。よりによってクリスマスに亡くなるなんて(2016だったようだ。もう3年も!?)。

WHAM!時代と、ソロ時代の曲がふんだんに使われているということは、号泣必至だろうか……。WHAM!の楽曲はダンス部やバトン部が使っている曲、ということで知ったので、私はソロになってからの方が親しみがある。Kissing a FoolとかOne More Tryとか好きだったな。

 

というわけで、J-WAVERADIO DONUTSでまたもチケットをgetしたので観に行ったのだった。

 

カワイ子ちゃんとイケメンで甘々の映画かと思ったら、そっちの方向だったか〜。貧困や移民問題、LGBTもさり気なく入っているのがイギリスっぽい。

 

ケイト(エミリア・クラーク)はクリスマスショップでエルフに扮しているが、本当は歌手志望。オーディションは落ちるし、店主のサンタにこき使われるし、友達には部屋を追い出されるし、実家には帰りたくないしで浮かない顔。そんな中、不思議な青年トム(ヘンリー・ゴールディング)に何度も出くわし、次第に惹かれていくが、彼との距離はなかなか縮まらず──。

 

あぁ、そこで"One More Try"なわけ!?泣かせるぜ〜。

最初はまたバタバタしているヒロインだな〜と思ったけれど、そういう理由だったら生きる意味だとか、自分の存在価値だとか考えてしまって、自暴自棄になるのもわからないではない。

 

トムの言葉はカウンセラーのようだった。メモを取りたかったほど。

 

エマ・トンプソンはケイトの母親役として出演している。

こういう移民役をするかと思えば、ハリー・ポッターシリーズではちょっと変わった先生役を楽しんでいるかのようだった。一番好きなのは『ヒトラーへの285枚の葉書』かな。

 

エミリア・クラークは『ハン・ソロ』のキーラか!

ヘンリー・ゴールディングは『クレイジー・リッチ!』は観ていないが見覚えがあり『シンプル・フェイバー』でブレイク・ライブリーの夫役だった!そうか、あのイケメンか。でも感じの良いイケメンよね。マレーシア出身だそうだ。

 

WHAM!やジョージ・マイケルの曲を全部知っているわけではないけれど、初めて聴いた曲があり、それがこの映画で解禁した未発表曲だったようだ。

こんな良い曲なのに、エンドロールで席を立つ意味がわからない。とはいえ、途中で退出する人は大変少なかった。

| のぞみ | 映画 | 11:55 | comments(0) | - | -









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ブックオフオンライン


DHCオンラインショップ
ベルメゾンネット

懸賞・小遣い ちょびリッチ
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム