すっぴんで銀ぶら。

宝石鑑定士(俗称)だけど普通の会社員。
産業カウンセラー試験に合格!心理相談員にもなった!
国家資格となったキャリアコンサルタントにも合格!
頻度は減ったけど、旅人。
お茶やお華も嗜むけど(ホホホ)バイクも好き。
都会暮らしも、10年ちょっと。
そんな私のROCKでLOHASな日常生活を綴った日記っぽいものです。

***姉妹ブログ更新情報***
☆右下のリンクからどうぞ!☆
すっぴんで銀ぶら。〜Jewelry Box〜  2020/3/11更新!
すっぴんで銀ぶら。〜偏見グルメ〜   2020/4/5更新!
カウンセリング花笑み          2020/2/19更新!
都内に缶詰め

昼頃に何かを調べて、Yahooのトップページに戻したら、この週末に都内に来ないで!という記事の見出しが見えた。

「百合子が近県の知事に頼んだ結果、埼玉と千葉は都内に行くなって言ってますよ〜」

と、都民2・神奈川県民1の事務所内に言った。

 

神奈川はその時まだ出ていなかったが、都内だけでなく不要不急の外出はしないで、と後で出ていたようだ。

 

帰りにコンビニと八百屋に行った。

コンビニのある部分は商品が全くなかったけど、いつも買っているものは買えた。

 

八百屋もスカスカだったけど、カボチャが1つあったので緑黄色野菜はとりあえずこれで良いし、震災後を思い出して色々使えるジャガイモを買った。重いわ。

アボカドも1つ残ってた。これは何にしようかな♪

 

天気も悪いので、土曜日の営業はわからないと言う。

「また明日、早めに来てみて」

早めって言っても、今日と同じ時間が精いっぱい。葉物があればいいな。

でも今日も全く無いわけじゃなかったので、献立変更で乗り切るぞ。

 

営業の人たちはシフトを組んで、在宅勤務と出勤を分けている。

客先対応でどうしても出社する人とコールセンターは、席を移動して密集しないようにしている。

 

私は組織上は2人で仕事しているのだが、もう1人は明日から半分在宅勤務。

海外のエライ人は私も在宅にしろと言ったようなのだが、貸与PCはデスクトップじゃないかー!しかも紙がつきまとうからね(というか、この対応があるから私のポジションがあるようなもので)。

 

いよいよとなったら、会社から「出勤するな」と言われて休業補償になるのかなー。その前に、業界全体が厳しいので、一時帰休とか最悪解雇とかになったら、私はものっすごく忙しくなるんだけど……。

 

土曜日は予定通り、喘息の薬を処方してもらいにクリニックへ行かないと。

まさか休診じゃないよね、とサイトを見ると『ゴールデンウィーク休診のお知らせ』が。ある意味呑気だ。でもやってるようで良かった。

 

職場の人の大学生の息子は「どうせ(若者は)重症化しないっしょ?」と遊び歩いているらしい。

 

たまアリでK-1があった時にネットのコメントに

「そういう危機意識の薄い奴ほど重症化する、というウイルスだったら、イベントに行くのも自己責任って言えるんだけどな」

という呟きがあり、もっともだと思った。

危機意識の薄い奴はウイルスをまき散らすだけで、辛い思いをするのは他の人だなんて、解せないわ。

 

帰りの電車で、勤め人と思しき女性が

「週末は映画観ようと思ったのよ。そしたらTOHOは休業ってさー」

と不満げであった。この私ですらずっと映画は自粛しているのに、もっと感染者が増えた今でも映画館に行こうと思うなんて……。

| のぞみ | 街・暮らし | 21:06 | comments(0) | - | -
カタカナだと伝わらない

パンデミックはもう慣れたとしてもだ。

 

クラスター?(集団感染)

オーバーシュート?(感染爆発)

ロックアウト?(首都封鎖)

 

お年寄りは、「ライブハウスでクラスター感染が起こり…」のライブハウスですら分からないらしい。

それでは、誰に何を伝えているのかさっぱりわからない。

 

だから一般ランナー無しにして応援に来ないでと言っても東京マラソンの沿道に7万人も集まったり、連休の上野公園は花見客で一杯だったり、休校をいいことに旅行したり外出したりと、危機感が無いのだろうか。

 

私は基礎疾患が喘息なので、罹ったら重症化するというのに。

会社の貸与PCがまさかのデスクトップで、在宅勤務はできないし。

親が入院して、実家にも行かなきゃいけないのに。

 

なんだかな〜。

 

きちんと英語を話せる人ほど、日本語を話す時にカタカナは混ぜないように思う。少なくとも私の周りはそうだ。

同時通訳の勉強をしてTOEICが満点近い人も、翻訳の勉強をしている人も、英語力よりはいかに日本語の語彙を増やすかが勝負と言っていたから、結局は置き換えられる日本語の語彙が不足しているということかな。

| のぞみ | 街・暮らし | 21:51 | comments(0) | - | -
日本橋本石町やさぐれ長屋

日本橋本石町やさぐれ長屋

 

宇江佐 真理

講談社(2014/2)

 

文庫が3月に出た。と、実家で新聞を読んでいたら広告が出ていた。母が好きな作家なので入院先に届けようと、実家からの帰りに買った。ちょうど持っていた本を行きに読み終えてしまったので、帰りはこの本を読んで帰った。

 

母も私も、この手の江戸庶民の話が大好き。

長屋には色々な人が住んでいるので、それぞれ順に焦点を当てたオムニバスになっている。

 

人に歴史ありだし、それぞれに事情がある。

裕福に見えても、幸せとは限らない。

なんのかんの井戸端会議をしながら、助け合って生きていくのも良いもんだねぇ、なんて思う。

| のぞみ | | 21:25 | comments(0) | - | -
空腹を感じたら

空腹を感じた時の3つの方法というのがどこかに載っていた。

 

1つ目は深呼吸しながら5までカウントだったかな。

2つ目は、それを食べた時の自分を想像してみる。

 

これは食べることに罪悪感があるのが前提でしょ。

ブクブク太った自分、お腹のぜい肉をつまんでいる自分……。

 

私は「ああ、美味しかった♬」と満足しているところを想像してしまい、幸せならいいか、なんて思ってしまった。

”食べた分、運動すればいい”派だし。

| のぞみ | 美容・健康 | 20:53 | comments(0) | - | -

コロナより前に、東北の人に『蘇』の話を聞いた。

博物館か何かで説明を聞いたのだそうだ。そこのレシピは牛乳を7時間煮るようだったが、1時間ほどで出来るレシピを開発した人がいる、という話を聞いて、私も調べたっけ。

 

「”そ”は蘇我馬子の蘇ですよ」と言われたのに、私のメモには「曽」と書いてあった。ソガはソガだが、曽我兄弟の曽我だった。

「蝦夷でもいいのに、どうして〇〇さんは馬子を例に出すんだろう」

と、どうでもいいことを考えながら書いたので、曽我になってしまったらしい。

 

最近、この蘇がネットニュースに挙がっていて驚いた。

一斉休校となって給食が不要になり、色々な業者が泣いている。酪農家を救おう、家にいる時間で作ってみよう、ということで広まっているらしい。なるほどね〜。

 

先日読んだカルピス誕生の話で、カルピス以前に発売されて、生産が間に合わずに生産中止になってしまった「醍醐味」という商品の話が載っていたが、それも出来る量から見て蘇みたいなものかな、と思ったのだけれど、どうなんだろう。

| のぞみ | | 20:59 | comments(0) | - | -
脚がむずむずしたら読む本 ─ 眠れない…イライラする…

脚がむずむずしたら読む本

眠れない…イライラする… 

 

井上 雄一

メディカルトリビューン(2011/11)

 

脚がむずむずする人は、つい手に取ってしまう?

私は手にしたわ。

 

推定患者数200万〜400万人のうち、適切な治療を受けているのは5%ほどらしい。私は頭痛で神経内科に通っていたから聞きやすかったけれど、この本で紹介されているのは睡眠外来だった。確かに、眠れない。

 

私の場合、四大症状に見事に当てはまり、且つ、貯蔵鉄の検査をしてもらったらまさかの鉄欠乏だった。一般的な血液検査ではヘモグロビンがむしろ多く貧血という診断になったことはないので、貯えが無いとはわからなかった。

 

これが起こる子供が、ADHDと誤診されてしまうのは、確かにあるかもしれない。足がムズムズして動きたくなるだけなのかも……ただ、大人の語彙力をもってしても、この不快感は表現しづらい。なんとか大人が気づいてあげられると良いのだけれど。

 

半月ぐらい薬を試してみて、薬を飲んだ方が良い自分なりの基準もできたし、休日にはあまり起こらないこともわかった。

「休みだ、ヒャッハー!」ってドーパミンが出るのかな。

| のぞみ | | 14:58 | comments(0) | - | -
カルピスをつくった男 三島海雲

カルピスをつくった男 三島海雲

 

山川 徹

小学館(2018/6)

 

カルピスは、子供の頃にお中元で届いたら嬉しいものナンバーワンだった気がする。あの水玉の、しかも違う色(フルーツ味)が入っていたりすると、白×青の水玉より嬉しさ倍増。

でも、当たり前にあったから、誰かが作り出したなんて考えたこともなかった。

 

雑学クイズのようなもので、カルピスの前に、好評すぎて製造中止に追い込まれた製品があった、という話を知った("醍醐味"という商品)。その時に、ルーツはモンゴルと知ったのかな。

 

この本は東京メトロの駅に置いているフリーペーパー、Metro min.のTASTING BOOKSという私の好きなコーナーに載っていた。

 

三島海雲は貧乏寺にに生まれ、13歳で出家。僧侶教育機関で仏教修行と同時に英語も学ぶ。

北京に渡ってまず日本語教師となり、貿易会社を立ち上げる。その中でモンゴルへ行くようになり、遊牧民の作る乳製品を口にする。

 

元々身体が弱かったのだが、この乳製品を滞在中に食べていたところ、みるみる元気になった。

作っていたおばあさんから乳搾りを手伝い、乳製品の作り方を教わって細かくメモして、一度教えれば再現できたそうだ。ある朝、おばあさんが作る前にもう三島が作ってしまっていた、というエピソードが載っていた。

「こんな美味しいものを食べた」という感想だけでは、カルピスは生まれなかったわけだ。

 

三島は経営者には向いていなかったという証言がいくつも出てきたが、人のため、健康のためになるものを作るのだ!という思いが真っ直ぐ。これは僧侶ということにも関係ありそう。

 

関東大震災の後に、皆に影響補給してもらおうとカルピスを無料で配って、結果として大変な宣伝効果があったそうだ。

これが「ここで配っておけば良い噂が広まって……フフフ」という気持ちでやると、なんとなくいやらしくなるのかもね。

 

ちょうど読み終わりそうな頃に、J-WAVEのMAKE MY DAYの中のMEET THE INOVATIONというコーナーでもエピソードの一部を紹介していた。

カルピス誕生から100年。モンゴルでの出会いがなければ、私達のおやつタイムもかなり変わっていたはず。

| のぞみ | | 20:10 | comments(0) | - | -
今週の野菜たち

お弁当用の野菜炒めは、季節の青菜、人参、生姜、椎茸、もやし、キャベツが定番。全体的な量はキャベツで調整。

今週は青菜が小松菜。豆苗を入れたのでキャベツは無し。

 

ロメインレタスが30円だったので、つい買う。生だとまだ身体が冷えるので、青梗菜と人参と一緒に炒め物にした。これは家用。

火を通してクタッとなったレタスが好きなので、よく炒め物やスープにする。夏なら生で食べるけどね。

 

菜花は茹でて。意外と鉄分が多いんだよね。吸収効率UPのためにはビタミンCと一緒に摂取しないと。

 

サツマイモが残り2本だったので、2本ともウチにおいで〜。大きなレモンがあったので、レモン煮にして鍋も綺麗になった。

まだ家に王林があったので、はるかを4つ。

 

↑はイイ感じで食べ進んでいる。

連休前に八百屋へ!と思って仕事帰りに寄ったら、実は土曜日は営業だった。良かった。夜は種類が限られてしまうので、また土曜日に行こう。

| のぞみ | | 21:24 | comments(0) | - | -
目だけ

最近、天候不順からか喘息が出るので、仕事中もマスクを着用している。

外すと内側にファンデーションがついているのに気づいたが、ずっとマスクしているなら要らなくない?乾燥もまあまあ防げるわけだし。

 

ということで、日焼け止めの上にパウダーだけはたいた上に、マスクを着けていった。

見た目、変わらん!やっぱりというかガッカリというか。

 

ただ、アイメイクだけはした。特にビューラー&マスカラ。

これでだいぶ"化粧している感"が出る私の顔。

| のぞみ | 美容・健康 | 21:05 | comments(0) | - | -
まさかの欠乏

先日の血液検査(クリニックの方)の結果を聞きに行ったところ……。

「思いがけなく、貯蔵鉄が少ないです」

あらま〜。「まさか」と「やっぱり」が半々。

 

「それで最近たまに眩暈がしてたんですかね〜」

「このまま欠乏していくと、貧血になる可能性はありますね」

 

ちなみに、普通の健康診断ではヘモグロビンが多い方。多くて女性の正常値を超えてしまい、Highのマークがつくこともあったほど。

レストレスレッグス症候群を調べていて、やはり普通の血液検査では出なかったものの、貯蔵鉄が欠乏していた人の話が出てきて、私もその検査はしたことがなかったので相談してみたのだ。検査して良かった〜。

 

「食べ物は偏っていないでしょうから……」

「肉も魚も食べますし、野菜は多め、海藻キノコも大好きですけど、鉄を意識して食事はしていないです…」

「まぁ、食事だけから摂るのもなかなか難しいのでね」

吸収効率を良くしようと、鉄分の豊富な食材とビタミンCを組合わせることは多いけど。

 

鉄剤は出すけれど胃腸に影響するので、毎日飲まなくて良いとのこと。

母も足がむずむずしていたという話もしたので、遺伝的なこともあり、鉄欠乏もあるのかもね、ということになった。鉄が定着してきて、むずむずが治まると良いけど。

 

血中には潤沢に放出しているけれど、貯蔵鉄が不足。

なんか、市民が買う分が無いのに、中国へ支援としてマスクを送った自治体みたいでイケてない……。あ、でも私の意思で貯蔵鉄が少ないわけじゃないか。

| のぞみ | 美容・健康 | 21:42 | comments(0) | - | -
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ブックオフオンライン


DHCオンラインショップ
ベルメゾンネット

懸賞・小遣い ちょびリッチ
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム