すっぴんで銀ぶら。

宝石鑑定士(俗称)だけど普通の会社員。
産業カウンセラー試験に合格!心理相談員にもなった!
国家資格となったキャリアコンサルタントにも合格!
頻度は減ったけど、旅人。
お茶やお華も嗜むけど(ホホホ)バイクも好き。
都会暮らしも、10年ちょっと。
そんな私のROCKでLOHASな日常生活を綴った日記っぽいものです。

***姉妹ブログ更新情報***
☆右下のリンクからどうぞ!☆
すっぴんで銀ぶら。〜Jewelry Box〜  2020/3/11更新!
すっぴんで銀ぶら。〜偏見グルメ〜   2020/3/20更新!
カウンセリング花笑み          2020/2/19更新!
わかっていたので

婦人科へ行った。

12月の検査結果を聞くのと、その時できなかった子宮体がんの検査。

 

途中で和光の鐘を聞いた。しまった、10時だ(診察開始)。

診察券を出すと「12時を回った頃になりますね」。

 

は〜い。そのつもりで保冷バッグとエコバッグを持ってきたので、そのまま買物して帰宅、改めて出向いた。

 

結局、子宮体がんの検査はできなかった。

出産経験がなかったり、あっても帝王切開だったりすると検査のための機械が入らないかも、とは聞いていたが、見事に。

 

腫瘍マーカーでもわからないようだし、どうかねぇ。

ポイツだと、エストロゲン高産生らしいのだ。

大学病院の先生(カワイ子ちゃん◆砲砲六実を報告するしかないけど。

 

これで大学病院の検査祭り前の検査は終了。

親が入院だ手術だという状況で、自分も色々しなきゃいけないので、何か漏れそう〜。

| のぞみ | 美容・健康 | 12:54 | comments(0) | - | -
良薬口に……

えっ、こんなに苦かった!?

 

タイミングの悪い時に片頭痛が来て──いや、このタイミングだから来たのか──仕事中は大変だったが、早退するほどでもなかったので、定時でそそくさと帰ってきた。

こういう時の片頭痛は早めに対処しないと重くなるし長引くので、久しぶりに呉茱萸湯を飲んだら、冒頭の驚きだったわけだ。

 

これは、久しぶりということだけではなく、今飲んでいる漢方が麦門冬湯だからだと思う。甘草が入っているので、ちょっと甘いんだよね。吸入薬の副作用で足が強烈につった時に飲む芍薬甘草湯は、半分甘草だし。

 

甘草の甘味はあまり得意ではない。それでも続けて服用しているうちに舌や脳が慣れてしまうのかな。

まぁ、呉茱萸湯も最初は「ニガッ!」と思ったが、むしろ後からスッキリしたので、これはこれでまた慣れればいいさ。いや、慣れるほど飲みたくはないけど。

| のぞみ | 美容・健康 | 20:04 | comments(0) | - | -
危険地帯〜リラックス

喘息の薬が切れる。

今、自分が行くクリニックの中で、呼吸器科が一番危険。

 

入口の前に消毒液が!

中にはコロナウイルスについての注意書きもあった。要は、中国帰りの人や感染が疑われる人と接触した人が来るべきはここじゃない、と。

 

早く落ち着くと良いな。

クルーズ船が入港できないのは仕方ないとして、持病の薬が切れている人に薬を届けることはできないのかな……心臓とか血圧とか、切らしたら大変じゃないかしら。

 

日本橋のクリニックから、勝どきの太陽のマルシェへ。

地下鉄を乗り継ぐのもナンだし、家まで戻っていつものバスというのもイケてない。そういえば、あのバスはどこが始発なんだろう?

 

東京駅の丸の内南口だった。だったら……。

新日本橋からメトロリンク日本橋に乗り、眦膕阿料阿撚室屐E当な所で地下に降りて、北口自由通路で丸の内側に抜ける。KITTEの前から降りていく階段、下から行くとどの辺だろう……きっとあれ。当たり。

 

晴海埠頭行きのバスが停まっていたので乗る。

3経路ぐらいあって、勝どきのどこで降りるかが違うだけ。埠頭行きだったら、勝どき橋南詰で降りるのがマルシェには近い。

その先の交差点で、水産なんとか行きは右へ、埠頭行きは直進、スカイツリー方面は左へ行くのだ。

 

丸の内から国際フォーラムのホールAを回り込むように曲がって、ビックカメラの裏側を抜ける。そこにバス停があるなんて、普段は気にも留めなかった。バス停ってわりとそんなものかも。

晴海通りに入るとあとは真っ直ぐ。

 

4丁目交差点で信号待ち。

和光の外壁や金属の飾りをしげしげと眺める。普段よりも視線が高いから、歩いていては見えないものが見える。

 

”H”のエンブレムは、服部時計店のHかな。窓のアール・ヌーヴォー調の飾りが綺麗だな。

こんな信号待ちは楽しい。

 

バスの速度で車窓から見る街もまた良し。

| のぞみ | 美容・健康 | 12:08 | comments(0) | - | -
今、呼吸器科に行くのはちょっと

インフルやコロナウィルスが怖いなぁ、と思って、麦門冬湯をドラッグストアで買ったらどうなのか、見てみた。

 

医院と薬局に払うのが大体3千円で、薬は3週間分。ドラッグストアだと10日分20包で2,400円だった。断然病院か。

 

ドラッグストアにあったツムラの麦門冬湯は、2.25gだか2.5gで一日2回だった。今処方されているのは、3gで一日3回。

2回に減らせるということかな。次回先生に聞いてみよう。

| のぞみ | 美容・健康 | 19:53 | comments(0) | - | -
マスク品薄

スーパーに行くついでにドラッグストアを覗いたら、マスクはほぼ無かった。唯一あったのもサイズが合わず、両脇ガバガバでは装着しても意味ない。

 

「お、歯ブラシが安い」

と、違うものを買って帰る。

 

街の中心部に近いほど、観光客が血眼でマスクを買っていくので、離れたところにはあるもので。

 

紙の使い捨てマスクは65枚入りの箱を開けたばかりなので、これを外用にして、寝る時用に洗えるガーゼマスクを購入。3枚入りだから洗い替えもバッチリ。

 

『悲観的に準備して、楽観的に行動する』

政府もWHOも逆だよね。楽観的すぎて準備すらしていないように見えるのだが。

| のぞみ | 美容・健康 | 15:01 | comments(0) | - | -
ストレッチ

足があちこちの方向に伸ばせるようになった。

良かった。一時はどうなることかと思った。

あと少しだけ違和感が残っているのが、なくなったら完治かな。

 

歩くのが大変なほど痛かった日、長時間の会議で座りっぱなしだった。

それが原因かと思ったけれど、今の整形外科の診断だと、どうやらそういうものでもないらしい。

 

一つ思い当たるのは、痛くなるずっと前だったと記憶しているが、どうもどこかが伸びていなくて気持ち悪く、あちこち伸ばしてみたら腿だったことがある。ストレッチしようとしても、喘息の吸入薬の影響で足がつってしまうので、なかなか思うように伸ばせなかった。

 

整形外科のリハビリでストレッチを教えてもらっているが、最初に伸ばすように言われたのがそこだった。足首を持って立つだけである。

喘息の吸入は続けているが、そこを伸ばしても足がつることはなくなったこともあり、心ゆくまで伸ばせるようになった。

「ここを伸ばしたい」というのが身体の叫びだったのだろうか。

 

次はお尻のストレッチだそうだ。中殿筋を鍛える運動も教わった。

毎日ちょっとずつでもやれば、効果は必ずあると信じて。

| のぞみ | 美容・健康 | 21:45 | comments(0) | - | -
べにふうき

花粉対策に、べにふうきの茶葉を買った。50gを2パック。

出遅れると、茶葉がなくてコスパの悪いティーバッグのみになっていることがしばしば。今年はぬかるな!

 

ルピシアだったので、ダージリンのオータムナルを見ていたら、シンブーリがあったのでそれも買ってみた。

ファーストフラッシュだと百合の花のような華やかな香りがするシンブーリ、秋は何の花か、それとも違う何かか?

 

22日は0時発売のチケットを買ってから寝て、夜は映画を観て遅くなったので、今日は整形外科に行かずに買い物や図書館のみにして、少しゆっくり。

 

それにしても、土曜日にあれだけ野菜を買ったのに、明日の分がもう危ないとは……。どれだけ食べているんだ、一体。

 

菜花があったので、寒い日だったけど春らしく。

フラクタル形状の美しいロマネスコもつい買い、可愛いお姉さんから「今日はパクチー入ってますよ」と言われれば買い。

 

パクチーがあるから、週末はまたチキンライスにしようかな〜。

ナンプラーは……醤油でいいかな。

| のぞみ | 美容・健康 | 20:47 | comments(0) | - | -
この激烈な眠気は

昼食後に眠気に襲われるのはよくあることだが、今日は強烈。

これは片頭痛。天気は良かったのに、珍しいな。

 

それから、肘の近くに時折痛みがあった。これはアロディニアってやつかな。痛みではない刺激が、痛みとして伝わってしまうというもの。神経も時々おかしなことをしてくれる。

 

サラーサ企画さんと、THE LABO TOKYOさんが東急プラザに出店していた(水曜日まで!)ので立ち寄り、その時は楽しく話して紛れた気がしたが、帰路でまた出てきた。思わず電車に乗ってしまった。

 

とりあえず、早寝せねば。また強烈な眠気。

| のぞみ | 美容・健康 | 21:05 | comments(0) | - | -
支給決定→確定申告しなくちゃ

健保組合から葉書。これは待望のものか、はたまた残念なお知らせか。

待望の方だった!

 

実は、オーダー靴は健康保険の治療用装具として作った。

まず、医師から「治療に靴型装具が必要」という意見書をもらう。

これを書いて貰えるのか、股関節痛で謎の電気治療を受けていた昭和の整形外科に聞いたら、先に書けないことを言わずに無駄なレントゲンを3枚も撮って、6枚分請求したわけだ(健保に確認すると言ったら3枚分になったけど)。

 

結局、意見書に慣れた整形外科を靴店に紹介してもらい、意見書を書いてもらった。レントゲンなんか撮らなかったさ。まったく……ブツブツ。

私の場合は両外反母趾で靴型装具が必要、との診断だった。

それを握りしめて靴店へ行き、発注。

 

靴が出来たらまた整形外科へ行き、意見書の下部にある「装着確認」の欄に記入してもらう。作りっぱなしではダメなのだ。

靴屋の方である程度の書類は用意してくれ、健保のサイトから療養費申請書をダウンロードして、必要書類と一緒に健保へ送付。

出したのが12/25で、今日支給決定通知書が届いた。年末年始の休みを挟んだ割には早かったな。

 

療養費の支給が2020年でも、2019年分の医療費からのマイナスになるので、決定通知書が届くまで待っていたのだ。靴代から差し引いて、医療費還付申告がようやく出来るというわけ。

支給の分を引いてもまだ医療費32万円……さて、寄付金と合わせて還付申告して、税金はいくら戻るかな。

 

ちなみにスペアの靴も保険で作れるわけではなく、一度に一足だけ。償却年数みたいなものがあって、靴の場合は1年半経たないと次の靴は保険では作れない。

が、一足だけ履いていると傷みが早いし、黒い靴だけではファッション的にもどうかと思うので、色違いで自費の靴も依頼予定。保険が効かない分は高くなるけれど、もう私サイズの木型があるので安心。

| のぞみ | 美容・健康 | 21:44 | comments(0) | - | -
シカカイ

あれからずっと、シカカイでシャンプーしている。

あれからって、いつから?

まあいいや。

 

なくなりそうだったのでまた買ったら、包まれていた新聞紙がインドのものと思われる。ヒンディー語?

 

スポーツ面と思しきページの写真がクリケット!

やっぱり、英国領だったところはそうなんだなぁ。

| のぞみ | 美容・健康 | 20:53 | comments(0) | - | -
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ブックオフオンライン


DHCオンラインショップ
ベルメゾンネット

懸賞・小遣い ちょびリッチ
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム