すっぴんで銀ぶら。

宝石鑑定士(俗称)だけど普通の会社員。
産業カウンセラー試験に合格!心理相談員にもなった!
国家資格となったキャリアコンサルタントにも合格!
頻度は減ったけど、旅人。
お茶やお華も嗜むけど(ホホホ)バイクも好き。
都会暮らしも、10年ちょっと。
そんな私のROCKでLOHASな日常生活を綴った日記っぽいものです。

***姉妹ブログ更新情報***
☆右下のリンクからどうぞ!☆
すっぴんで銀ぶら。〜Jewelry Box〜  2020/3/11更新!
すっぴんで銀ぶら。〜偏見グルメ〜   2020/4/5更新!
カウンセリング花笑み          2020/2/19更新!
目論見

平日の夜に映画館で映画を観ることにすっかり慣れた。

映画館でなくても、20時からのラジオを聴かない曜日は、配信の映画を観る絶好のチャンス。

 

今年はもう100本観てしまった(ここに挙げるのは映画館で観たものだけ)。大学生の2年間と、その後に試験を受けるまでは、映画をほとんど観ていなかったので、今になってその頃の分を観ている感じ。だからいいのだ!という言い訳。心理学や精神医学の勉強にもなってるしね、と更に言い訳。

 

しかし、そろそろ試験対策を始めないと。

9月中旬から、11月の試験の申込が始まるようだ。その頃には過去問題も出るだろう。

過去と言っても、試験(学科と論述)が今日ではないか!来週と再来週が実技の中の面接試験。8/11の研修で同じグループになった人が今回受けると言ってたな。Go for it!

 

で、映画のために2時間捻出するのが上手くなっているわけだ。

その2時間を勉強に使ったら、どれだけ学習できるか!ふっふっふ……。

| のぞみ | お勉強 | 20:13 | comments(0) | - | -
カウンセリング事例研究

カウンセリング事例研究

メンタルヘルスとキャリアの統合的支援

 

なんと!一般教養としての心理学を教えて下さった先生が講師!

もう、それだけで申し込んでしまった。

カウンセラーになってからも「○○先生が翻訳なさった本」みたいな感じでお名前だけは耳にすることがあった。

始まる前にちょっと話した方も、先生ありきで申し込んだということだったし、神奈川支部や東関東支部の方も!

 

午前は講義、午後は演習。

午前は2時間ノンストップだったが、仕事だと眠くなるのに、こういう話はどうして眠くならないんだろうね。不思議。

 

昼休みに入った時、ちょこっとご挨拶できた。

先生もその後2つ目の大学だし、ずいぶん前のことだし、先生のクラスでもゼミでもなかったから私を覚えているわけもないけれど、先生の授業が今の私の一部を作っていることは確か。

 

午後は3人1組でロールプレイ。

面白いことに、男女逆転してクライエント役だった。

 

1つ目の事例は、うつから復職して1か月の男性が、企業内のキャリア相談室へ。

これ、私がクライエント役。なんでこう、几帳面な役に当たることが多いかな……そこが大変。

 

2つ目の事例は、公務員試験に落ちて卒業間近の大学生が、ハローワークへ。

私はカウンセラー役だったので、ハローワークってどんなだったかな、と思い出しながら。

 

3つ目の事例は、昇格うつと思われる女性が企業内のキャリア相談室へ。

私はオブザーバーだったので、逐語記録(になっていないが)を取りつつチェック。

 

事例検討してロールプレイしてフィードバックして、で1時間×3回は終わるとぐったり。

カウンセラー役だった時は、相手が学生で情報が少ないだろうから、大学のキャリアセンターにも行っているかどうか確認しながら、こんな選択肢もあるのよ〜と情報提供してみた。

フィードバックの時、実際にこういう子が多いんだろうね、という話にもなった。

 

普通のカウンセリングと違って、キャリアだけであれば「じゃあどうする?」という話になっていくが、メンタルが絡むとやはり状態によってはいきなり将来の展望の話はできないってことだし、実際こういう絡んだケースは多いんだろうな。

周りにも、もちろん複合要因ではあるのだろうけれど、キャリアの範疇でも悩んでいるので体調も崩している人が、何人か思い当たる。

 

人事経験、転職経験、失業経験はキャリコンの方が生かせるかも?

最初に雑談していた男性は海外人事で苦戦していたので、海外話でも盛り上がった。

どんな経験も、無駄になることはないね。

 

やっぱりこの先生好きだわ、とも実感した。

美人で「ニッコリ笑って突き放す」という点も変わっていなかった。

ちょっとかつての同級生にも連絡取っちゃおう。

| のぞみ | お勉強 | 17:00 | comments(0) | - | -
もう出てた
ふと検索したら、新しい国家試験の日程が出ていた。
8月 ̄□ ̄; アツイ…

でも、年3回あるみたい。
3回×5年間の受験資格があるから、その間になんとか受かりたい。
そして、学科試験はまあ安いが、実技試験は高いので、実技は一発で受かりたい。

協会の対策講座はまだ出ていない模様。
8月は、一般教養で心理学を教えてくれた先生(今は別の大学)の講義があるので、先生に会いたさに受けたいと思っているのだが……。

にっこり笑って突き放す、美人の先生だった。
あれからもう何年になるんだろう。
18歳の私……遠い!
| のぞみ | お勉強 | 22:45 | comments(0) | - | -
学歴
最近、学歴詐称(と言うのが適当なのかわからないが)が明るみに出て、テレビ・ラジオ番組を降板した人がいる。
身近にいた複数のHのMBAホルダーと話の持って行き方が似ていたので、てっきり修了したものと思っていたけれど、3日位のコースでもそれっぽさは身につくものなのか、素質なのか。

その人のラジオ番組は長年聴いてきて、ワイド枠になって一番盛り上がっていた頃に、色々参加できたのは良かった。その事については別に学歴なんて関係なかったし。
お会いした感じでは人当たりは良いし、マイクを通すと魅力の低音ボイスなのも、地声はもっと優しい声だったのが印象的。

キャリアを中断して勉強することを、とても応援してくれた。
その裏には学歴コンプレックスがあったのかな、と思うとちょっと複雑。

学歴って何だろう。
学閥のあるような会社での勤務経験は、幸いない。もしくは気づかなかった。
新卒採用の時に学校名で足切りしてしまうのは、大卒のレベルが落ちている以上、ある程度仕方ないが、その会社・仕事にとって適切な人材は採用できていないかもしれない。
職歴が10年以上あるような人の転職に、まだ四年制大学かどうか、学部は何なのかにこだわるのは意味あるのか?

最初の会社が製造業だったからかもしれないが、現場の班長から主任になったような人の中には、中卒もいた。コツコツ積み上げてきた人達だ。バブル期入社組の先輩達は高卒も多かったし、私の同期でも高卒はいた。
今だって、全入時代と言われても大学進学率は50%ほどなわけで、猫も杓子も行くわけではない。

一方で、コンプレックスを持っている人もいた。
技術者は高専卒も多かったが、2年遅れて入社してくる4大卒とは、最初から給与の差がついている。
(2年の実務で追いつく給与制度にすれば良いと思うのだが)
その事で、涙を流す人もいた。

が、学歴は上書きできる。泣くぐらい悔しいなら、夜間なり通信制なり、3年次に編入して卒業資格を得れば良いのだ。
その話をすると、「仕事が」「学費が」と、言い訳がワンサカ返ってきた。
では、一生泣くのだな。

資格試験の受験資格を得るために2013年秋に卒業した大学は、社会人がほとんどで、バブル期に高卒で就職した人も多く、学士も取れると喜んでいた。そういう意味でも学士受験は意義がある。
という話を4大卒のもっと若い人にしたら「これ以上学士は要らない」とバッサリ。全入時代と当時とでは、ちょっと違うと想像するのだけれど、時代が違うから仕方ないか。

大学にしろ、今のカウンセラーの集まりにしろ、貪欲に勉強する人がいて刺激になる。
先日、ワークをやったグループには、既に起業していて、今度は大学院だという女性がいた。もう少しお話が聴けたら良かったな、と後悔中。でも、また何かの研修でお会いできるかも!
| のぞみ | お勉強 | 14:34 | comments(0) | - | -
キャリア・コンサルタント講座
最終日!
卒論の提出期限に間に合わない夢を見た。8:00締切のところ、8:17だった。実際の卒論も数日余裕を持って出したはずだし、夏休みの宿題はできるだけ7月中に終わらせてしまって、8月は暇なので自由研究を増やす子供だったのになぁ。

まあ、それだけ今日の課題提出が大事だったということだ。
そして、今日の出席も大事!

今日は多少寝不足でも起きていられるぐらい、演習が多かった。
ジョブ・カード、職務経歴書、ロールプレイ。

産業カウンセラーのカウンセリング演習は"ライブ"、つまり自分の実際の事例で行う。だから思うまま言えばいいのだが、キャリアの場合は"ロールプレイ"になるので、クライエント役が難しかったかも。
几帳面で不安感の強い女性の役なんて、楽観的な私と正反対ではないか。これはもう「私、女優なんだから」と、なりきるしかない……けど、このスキルを上げてもしょうがないか。

産業カウンセラーの面接試験の時に、今後どうしたいかという問いにキャリアと答えたくせに、今までキャリア講座も試験も受けてこなかったのは、精神医学の方が面白くなってしまったからだけど、カウンセラーとしてやっていくのであればキャリアも必要だなと痛感。

4月1日に法律が施行となれば、国家試験の実施要領も出てくると思われるので、1回目から受けるぞー!と、修了証を手にして決意を新たにした。

転職してきたことが役立ちそう。回数を重ねて色々な業種でその業界ならではの職種も見てきたことと、色々な人材会社に登録して、コンサルタントと会って話をしてきたこと。私の経歴から思いがけない可能性を引き出してくれたり、気づきを与えてくれたりした人達の言動を思い浮かべると、良いロールモデルになりそう。

特に、初回面談で盛り上がって2時間以上話してしまった同年代の米国人女性には学ぶ点が多かった。他の人材会社へ移ったことは、LinkedInで知っていた。メールアドレスを知っているのに、どうしてLinkedInのコネクト申請してきたんだろう?と思ったけれど、それは転職すると今までの彼女の会社のアドレスは使えなくなるからだったのだろう。

久しぶりに彼女に連絡して、今やっている事を話してみようかな。
英語だけど……。
| のぞみ | お勉強 | 16:40 | comments(0) | - | -
キャリア・コンサルタント講座
どうしてこんな時間に起きたんだっけ?と寝ぼけている朝。
まぁ、目覚ましを止めて二度寝する、ということもないんだけど。

空気が澱みがちなので、今日は入口に近い席にしてみた。しかし喫煙室からのニオイが臭い……一長一短だ。

概論、理論を終えたので、いよいよ実戦スキルへ入っていく。
午前中はワーク2つを交えて、基本とグループカウンセリングのファシリテート。
午後はVPIと職務経歴書。

VPIって学生時代にやったかな…YGだったかな?
就業経験の無い人向きではあるので、ちょっと予想と違ったものが出た。それを踏まえて結果を見れば、さほど見誤る事もないとは思うが。

あと1日!明朝課題提出。
24時間のうち20時間が修了要件のうちなので
「4時間未満なら遅刻してでも課題をやらないと」
と言っている人がいて、ナルホドと思った。

新宿は遠いよ〜と思ったが、代々木よりは行きやすいし、千葉から来ている人が結構いるので、文句言えない。千葉支部はこの駆け込み講座が無いのだそうだ。
| のぞみ | お勉強 | 16:30 | comments(0) | - | -
キャリア・コンサルタント講座
昨夜は少し早く寝たつもりだったが、マッサージクッションの上でそのまま寝てしまい、起きたら4時過ぎ。慌てて外した。

今日は、明るい席にした。
でも板書は見えない。仕事ではあんな遠くを見ないから、こういう時には眼鏡が要るなぁと思う。もしかして、以前仮性近視になった頃の眼鏡で見えるかな?バイク用だったから、そこそこ遠くを見るような度だったはず……。

今日はキャリア概論の、「学校におけるキャリア教育」の部分をやってから、キャリア理論へ。
キャリア・コンサルティングも産業カウンセリングの一部ではあるので、さらりとは学んでいる。パーソンズとかスーパーとか出てくると、キーワードぐらいは覚えているものだ。

大事なのは、その理論をいつ実践に移すか。
引き出しが沢山あるのは良い事だと思うが、タイミング良く効果的に使いたいものだ。

さ、課題をやってしまおう。
4日目が終わった時のご褒美は何にしようかな〜♪

そういえば、整骨院はあった。ビルは建て替えたんだよねぇ?その間は他の場所に移っていたのかな?
| のぞみ | お勉強 | 16:45 | comments(0) | - | -
キャリア・コンサルタント講座
今週、来週の土日で、駆け込み講座。
4月からキャリコンが国家資格になるので、それまでに各民間資格を取った人は国家資格に移行される。が、それは間に合わない。

3月迄に所定の(養成)講座を受けていれば、5年間は国家試験の受験資格ができるので、それを得ておくための駆け込み講座というわけだ。5年もあれば受かるだろうか。

それで、今日テキストを貰って、今夜課題をやって、明日提出だと心づもりをしていたら、提出が4日目の朝になった。やったね、講義を受けた後に考えられる。
3日目にも課題が出るし、4日目に習う部分を予習でやる課題もあるから、次週までには課題6つをこなしておかなければ!

今日・明日のキャリア概論・理論はDVDで、昨年大阪で開催された講義のようだ。
ちょっとしたグループワークもあり、
「では、3人ほどにお話を聞いてみましょう」
で、まんまと当たってしまう。まぁ、一番前の席だったしね。

プロジェクター投影のため、スクリーンの上の灯りを消すのはよくあることだけれど、3列分位の蛍光灯が一緒に消えてしまい(それは貸会議室としてはどうなんだろう)テキストを見たりメモを取ったりが不便だった。明日は明るい席の一番前で、もう少し入口に近い席(これは休憩時間の厠対策)にしよう。

ボールペンのインクがなくなるほどメモした。何かと貰う機会の多いボールペン、こういう時に使わねば。

久しぶりに新宿西口に降り立った。今日の会場は協会の会議室ではなく、貸会議室なのだ。駆け込みゆえか定員180名、さすがにいつもの会議室では入らないよね。
以前通っていた整骨院の近くなのだが……なくなってる!?ビルを建て替えた!?お店が変わり過ぎていてよくわからない。

9:30からだが、遠いので仕事の時と出る時間は変わらない。お弁当はパス!
疲れたので早く寝よう。でないと、明日の昼食後は白目むいちゃう。
| のぞみ | お勉強 | 16:40 | comments(0) | - | -
事前課題
明日から怒涛の土日×2講座なのだが、明朝テキストが配布されるというのに、明後日の朝に提出する小論文が6つ。どういうこと!?いきなり試練か!?

お題は知らされているので、下準備しておこうと、大学で使っていたテキストを引っ張り出して、ここ2週間ほど昼休みに読んだ。一応これで1科目だったから、養成講座よりは学士受験の方がテキストや参考書類は豊富かも。
自分の考えではなく、周知の事実に基づいて、テキストの丸写しではなく具体的に書け、と。そのテキストすらないのに。

厚労省のサイトや、関連する理論を調べていたら、一般教養として心理学を学んだ時の先生が書いたものがヒットして、概要がつかめた。
さすが先生、未だにお世話になってます!

この辺のキーワードかな、と思うものを打ち込んでおいた。
実際に試験の時は手書きだけど、今回は時間がないので、Wordで字数を確認しながら打つつもり。

というわけで、明晩が勝負!
明朝も、出勤時間と同じ頃に出なくては……新宿遠い〜。
| のぞみ | お勉強 | 22:08 | comments(0) | - | -
心の健康づくりシンポジウム
心の健康づくりシンポジウム
〜ストレスチェック制度における実施体制とそれぞれの役割〜

2月16日(火) 13:00〜17:00
銀座ブロッサムにて

今日は産業カウンセラーではなく、心理相談員を取得した中央労働災害防止協会の方である。なんたって近い!これで更新ポイント1Pでもある。
今はこちら方面の仕事ではなく社用にはならないので、休暇を取った(それで午前中は映画を観ていたという…)。

1時間の基調講演の後、休憩をはさんでシンポジウム。シンポジストは4人。
産業医、取締役、保健師、大学教授(EAP)と、ストレスチェックにおける役割や立場の違う人の話が聴け、興味深かった。

それぞれの背景により、資料も全く違うのが面白い。R&D出身の方はそれが顕著。
皆さん、こういう場に声がかかるだけあって、その役割に対する情熱や、従業員の健康に対する想いが強いようだ。

心理相談員の方も、更新期限までにまたこのような催しに参加しなければ。
| のぞみ | お勉強 | 17:00 | comments(0) | - | -
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ブックオフオンライン


DHCオンラインショップ
ベルメゾンネット

懸賞・小遣い ちょびリッチ
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム